我孫子市・柏市のはりきゅう専門院

1分でわかる「ゐろは鍼漢院」

  • みぞおちの辺りが、気持ち悪い、焼けるような不快感がある。
  • 食後、お腹が張って辛い
  • 本来食べることが大好きなのに、食事が楽しめない。
  • 少し食べただけでお腹が一杯になる
  • 病院のお薬を飲みづづけているが、回復の兆しがない。

このページを御覧いただきありがとうございます。

 

もし、今あなたが、胃の不快感で悩まされていて、病院の薬や整体でもなかなか、改善の兆しが見られないのであれば、一度、鍼灸を選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?

 

このページでは実際に当院で施術を受け方の声症例も公開していますので是非、参考にしてください。

機能性ディスペプシア

ディスペプシアって?

ディスペプシアとは、「胃のもたれ」「胃の痛み」など腹部に感じる不快な症状を意味するギリシア語です。

この病気の特徴は?

内視鏡などで検査をしても、原因となる異常が認められないのに、慢性的に胃もたれ、胃の痛みなどの消化器症状を訴える病気です。

 

目に見える異常(=器質的異常)がないのに、胃の働きの問題(=機能的異常)があるのがこの病気の特徴です。

 

日本で機能性ディスペプシアが正式な病名として認められたのは、2013年と比較的、最近のことです。

どんな症状?

以下の症状が少なくとも1つ、継続している状態です。

①食後の胃のもたれ

②早期満腹感

③みぞおちの痛み

④みぞおちの焼ける感じ

どれくらいの人が悩んでいるの?

現在、人間ドックなどの定期検査を受けた人の11~17%、胃の症状があり医療機関で検査を受けた人の45~53%に機能性ディプペプシアの人がいるといわれています。

 

この統計からも決して珍しい病気ではないことがわかります。

 

これまでは、慢性胃炎・胃下垂・ストレス性胃炎・胃アトニーなどとされてきた多くの方が、現在は機能性ディスペプシアに該当すると言われています。

機能性ディプペプシアの原因

機能性ディプペプシアの原因についてまだ、不明な点も多いとされていますが、その根本の原因のひとつはストレスと考えられています。

 

ストレスにより自律神経のバランスが崩れることで、2つの機能異常が起こります。


それは、胃の①「運動不全」と②「知覚過敏」です。

 

①胃の「運動不全」とは食道から食べ物が胃に送られてきても、胃が十分に広がらない状態です。


胃が十分に広がらないと、食べ物をスムーズに受け入れることができず、また胃から腸へ食べ物を送ることができないため、食後のもたれを引き起こしやすくなります。

 

②胃の「知覚過敏」は、胃が様々な刺激に対して過敏になる状態です。

少量の食べ物が胃に入っただけで胃の内圧が上がり、早期飽満感やみぞおちの灼熱感を引き起こします。

病院では

薬物療法として消化管運動機能改善薬と酸分

泌抑制薬の他、抗不安薬や抗うつ薬などが処方されます。

 

しかし病院でもらった、お薬を飲み続けても、症状が改善せずに悩んでいる方が多くいるのも現所です。

そんな時、鍼灸が力になれるケースがあります。

 

 

当院では

当院では、機能性ディスペプシアの施術として以下の2つを重視しています。

①自律神経の調節
②腹部の緊張緩和
 

①自律神経の調節

 

消化器の働きは、自律神経の一つである、副交感神経を刺激し身体をリラックスした状態にすることが大切です。

 

副交感神経を刺激する方法としては、一般的に、腹式呼吸が知られていますが、鍼灸では、呼吸のリズムに鍼灸の刺激のタイミングを合わせることで自律神経の働きを調節するテクニックが古来、存在します。

副交感神経を活発にすることで、胃腸の働きを促すだけではなく、身体をリラックスさせ、ストレスの緩和を目的として施術を行います。

         

②腹部の緊張緩和


例え、内視鏡などの検査で器質的な異常が見つからなくても、胃腸の不具合は、腹部の表面に異常な「硬さ」「軟らかさ」「色艶の変化」などのサインとして現れます。

これは、現代医学でも内蔵ー体表反射という概念として知られていますが、古来、東洋医学では、腹部の異常から、体の不具合を知る「腹診」を重視してきました。

 

当院では、腹部を19エリア(左右で38エリア)に分けて、異常の有無を丁寧に観察していきます。

そして発見された、異常に対してそれぞれ効果の高いツボを検証し施術を行います。

 

 

手足にあるツボを用いるため、お腹へ直接鍼をすることは、ありません。

 

来院者さまの声

J・Iさま
30代 女性 販売員
柏市

ストレスで体調を崩し、食欲不振で胃のムカムカ感に悩まされてきました。 ネットや本などで調べて、鍼が良いことを知り、こちらに通わせていただきました。 施術してすぐには、効果はわからなかったのですが、ちゃんと続けて、通って行くうちにムカムカ感がなくなり、最近は、ご飯が美味しく食べる事ができ、とても嬉しいです。 胃だけとか、...

 

当院の機能性ディスペプシアの症例

 

水嶋クリニック院長

水嶋 丈雄医師

 

池内先生は種々の鍼灸理論に精通しています。

体のこと病気のこと、お困りのことがありましたら気軽に一度ご相談してみてください。

施術の流れ 

写真は左右にスライドできます◀▶

 

院長プロフィール

池内 公 1980年生まれ。

2003年 鍼灸師国家資格を取得。臨床歴20年。

 

整形外科、内科、婦人科、耳鼻科など多くの科を有する、長野県水嶋クリニックの勤務を経て、2009年鍼灸専門、「ゐろは鍼漢院」を開院。

 

現在、『一本の鍼には、一人の可能性を広げる力がある」を信条に日々奮闘中。

当院の5つのお約束

1.しっかりと説明を行ったうえで、施術を行います。

検査とヒアリングを丁寧におこない、

現在のお体の状態と、これから行う施術内容をしっかりと説明してから、施術を行います。

2.より確かな技術を追求し続けます

来院者さまが一日でも早く改善するよう、より確かな知識と技術を学び続けます。

3.無理に通院を促すことは致しません。

からだの専門家として、お体が良くなるために必要な通院頻度や通院期間は、しっかりと伝えますが、無理に通院を促すようなことは致しません。

4.常に来院者さまにとって最も良い選択を考えます

当院が来院者さまに提供する施術方法は、東洋医学をルーツとする鍼灸です。

 

しかし、これは現代医学への挑戦ではありません。

 

初回の「カウンセリング」や「検査」。または施術を行い続ける中で、「もう一度、専門医に診てもらう必要がある。」

 

と判断したときは、来院者さまが健康になる機会を損なわぬよう、病院にかかることをお勧めすることがあります。

 

東洋医学と西洋医学は対立するものではなく、お互いの長所が短所を補うものであることが望ましい。

 

私達はそのように考えています。

5.待ち時間なしでご案内いたします

当院は完全予約制という形態をとっております。
忙しい方にも待ち時間なしでご案内することができます。

良くある質問

Q1.鍼は痛くないですか?

A1.痛みを感じることはほとんどありません。
鍼というと、多くの方は注射針や縫い針を想像されるかもしれません。しかし鍼灸の施術で用いる鍼は約0.1mmと非常に細く、痛みをほとんど感じることはほとんどありません。心地よくて、施術中に寝てしまう方もいらっしゃいます。

 

Q2.お灸は熱くないですか?


A2.熱さよりも、一瞬「ジワッ」とした心地よい感覚があります。


Q3. 鍼で
病気が感染することはありませんか?

A3.ありません。
当院で使用する鍼は全て使い捨てです。鍼以外の器具も高圧滅菌器で滅菌しています。

 

Q4.どのような服装で行けば良いですか?

A4.肘と膝まで袖、裾があげられるゆったりとした服装が理想です。

※仕事帰りの方はこちらで着替えを用意いたします。服装に気を使わず安心してお越し下さい。

 

Q5.肌はどれくらい出しますか?

A5.施術内容に応じて必要最少限の部位を出していたたきます。
施術する部位はその症状によって様々ですが、当院では手足、腹部、背部に鍼を行う事が多いです。

ご案内  お気軽にご相談ください。

受付時間 

9:00~19:00(休院日:日・木・祭日)

料金と時間の目安   

初回

8800(初見料1100円+施術料6600円)→4980

(約40分) 

※10分前にはお越しください。

2回目以降

6600円(約20分)  

「多くの方に鍼灸を体験していただきたい」という思いから、当院のホームページをお読みいただき、施術方針を理解していただいた方には、初回のみ、特典料金で施術を行います。

※保険はご利用になれません。あらかじめご了承下さい。

予約について

 

ステップ1:04-7100-0039にお電話ください。
ステップ2:「ホームページを見て…。」とお伝えください。
ステップ3:①お名前 

      ②お困りの症状 

      ③ご希望の日時などをお伺いいたします。

ご紹介者がいらっしゃる場合は、お伝えください。 約2~3分で予約完了です。

  • 鍼療案内
    鍼療案内
  • カンタンWEB予約
    カンタンWEB予約
  • LINEで簡単予約
  • ヒアリングシート
    ヒアリングシート
  • 医師からの推薦状
    医師からの推薦状
  • 開院日カレンダー
    « 2024年6月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    « 2024年7月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    • 休院日
    • 午後から開院
    • 午前のみ開院
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域

    【千葉県】我孫子市 柏市 印西市 松戸市

    【茨城県】取手市 守谷市

    【埼玉県】三郷市

  • ブログ
    スタッフのブログ