我孫子のはりきゅう専門院

  • みぞおちの辺りが、気持ち悪い
  • 常に、胃の不快感が気になる
  • 胃の不快感で食事が楽しめない。
  • 少し食べただけでお腹が一杯になる
  • みぞおちに焼けるような感じがある

もし、今あなたが、ずっと胃の不快感でなやまされているのであれば、16年間でのべ5万人以上の臨床実績がある、当院がお役に立てるかも知れません。

 

このページでは当院の機能性ディスペプシアに対する考え方や、施術方針についてまとめました。

機能性ディスペプシア

ディスペプシアって?

ディスペプシアとは、「胃のもたれ」「胃の痛み」など腹部に感じる不快な症状を意味するギリシア語です。

この病気の特徴は?

内視鏡などで検査をしても、原因となる異常が認められないのに、慢性的に胃もたれ、胃の痛みなどの消化器症状を訴える病気です。

 

目に見える異常(=器質的異常)がないのに、胃の働きの問題(=機能的異常)があるのがこの病気の特徴です。

 

日本で機能性ディスペプシアが正式な診断名として認められたのは、2013年と比較的新しい疾患の概念です。

どんな症状?

以下の症状が少なくとも1つ、継続している状態です。

①食後の胃のもたれ

②早期満腹感

③みぞおちの痛み

④みぞおちの焼ける感じ

どれくらいの人が悩んでいるの?

現在健康診断受診者の11~17%、胃の症状があり医療機関を受診した人の45~53%に機能性ディプペプシアの人がいわれています。

この統計からも決して珍しい病気ではないことがわかります。

 

これまでは、慢性胃炎・胃下垂・ストレス性胃炎・胃アトニーなどと診断されてきた多くの方が、現在は機能性ディスペプシアと診断されています。

機能性ディプペプシアの原因

機能性ディプペプシアの原因についてまだ、不明な点も多いとされていますが、その根本の原因のひとつはストレスと考えられています。

 

ストレスにより自律神経のバランスが崩れることで、胃の「運動不全」、「知覚過敏」などの機能異常が起きます。

 

胃の「運動不全」は胃が十分に広がらないため、食べ物をスムーズに受け入れたり、十二指腸へ食べ物を送ることができずに、食後のもたれを引き起こします。

 

また、胃が様々な刺激に対して過敏になる「知覚過敏」は、少量の食べ物が胃に入っただけで胃の内圧をあげ、早期飽満感やみぞおちの灼熱感を引き起こします。

 

病院では

治療薬として消化管運動機能改善薬と酸分泌抑制薬の他、抗不安薬や抗うつ薬などが処方されます。

お薬で改善するか方もいますが、実はお薬だけで解決せず、悩んでいる方も多くいます。

自分でできること

機能性ディスペプシアの患者さんの生活習慣を伺うと、生活習慣や食習慣が大きく乱れていることがあり、これらを改善するだけで症状が改善するケースがめずらしくありません。

 

また、高カロリー食や、アルコールの飲み過ぎ、早食いなども、胃に負担をかけるため、これらのことに配慮する必要があります。

 

「摂生をして、規則正しい生活」

 

忙しい現代人にとって、実際に行動に移すのは簡単なことばかりではありませんが、何か一つ、できることからはじめていきましょう。

当院では

当院では、機能性ディスペプシアの施術として以下の2つを重視しています。

①自律神経の調節
②腹部の緊張緩和
 

①自律神経の調節

 

消化器の働きは、自律神経の一つである、副交感神経を刺激し身体をリラックスした状態にすることが大切です。

 

副交感神経を刺激する方法としては、一般的に、腹式呼吸が知られていますが、鍼灸では、呼吸のリズムに鍼灸の刺激のタイミングを合わせることで自律神経の働きを調節するテクニックが古来より存在します。

副交感神経を活発にすることで、胃腸の働きを促すだけではなく、身体をリラックスさせ、ストレスの緩和を目的をして施術を行います。

 

②腹部の緊張緩和

 

腹部の緊張を緩めるという、目的は非常にシンプルですが、おなかに直接、鍼を打てば良いかというと、そう単純ではありません。

 

直接腹部周辺に鍼をする方法に加え、当院では、手足、背中・腰にあるツボの中から、効果が高いものを厳選し鍼をおこないます。

使用するツボの一例
合谷・曲池・上巨虚・下巨虚・陰陵泉・陽陵泉・曲泉・陰谷・元留・手三里・足三里・四瀆・築賓など
実際の臨床では、
①効果の高いツボを厳選する診断力
②厳選したツボに鍼先をしっかりと当てる技術力
の2点が、施術効果を大きく左右します。

施術の流れ

初回

1.ヒアリングシートの記入

現在の辛い症状、生活習慣などについて詳しく記入していただきます。

2.ヒアリング

ヒアリングシートをもとに、現在つらい症状について聞き取りを行います。

一見、お悩みの症状と関係ないと思われることに、ヒントが隠されていることがあります。

3.検査

脈診や腹診など東洋医学独自の検査法に、血圧測定・姿勢チェックなどの西洋医学的検査を合わせた、お体の状態をみていきます。

4.施術

見立てに従い施術を行います。

2回目の説明

2回目のご案内をします。

2診目

初回の施術後、身体の反応・病歴・症状の強さなどを過去のデータと照合して、あなたにとってベストな通院のペースや期間などを計画しお伝えいたします。

 

※計画に合わせた、通院が困難な場合は遠慮無く「予定をみて連絡します」とお伝えください。

お体の専門家として必要な通院頻度と期間はお伝えますが、無理に通院を勧める事はありません。

2.計画に基づいた施術の開始

施術計画に基づいき、あなたの体に合わせたオーダーメイドの施術を行っていきます。

3.養生の説明

あなたにあわせた、養生法や自宅でできる、ストレッチなど必要なタイミングでお伝えしていきます。


機能性ディプペプシアの症例  クリック↓↓  

※効果には個人差があります。

 

患者さまの声

J・Iさま
30代 女性 販売員
柏市

ストレスで体調を崩し、食欲不振で胃のムカムカ感に悩まされてきました。 ネットや本などで調べて、鍼が良いことを知り、こちらに通わせていただきました。 治療してすぐには、効果はわからなかったのですが、ちゃんと続けて、通って行くうちにムカムカ感がなくなり、最近は、ご飯が美味しく食べる事ができ、とても嬉しいです。 胃だけとか、...

水嶋クリニック院長

水嶋 丈雄医師

 

池内先生は種々の鍼灸理論に精通しています。

体のこと病気のこと、お困りのことがありましたら気軽に一度ご相談してみてください。

症状に合わせて適切な施術計画を提案します。

                   

行き当たりばったりに無計画に施術をしても、結局は遠回りになってしまいます。
当院では、その時、施術するべきポイントを厳選し、段階的に快方へ向かうよう計画を立てていきます。

より確かな技術の追求

当院の施術にあたるスタッフは全員、鍼灸師の国家資格を有しております。

また、16年の経験をもとに、さらに皆さまが理想の状態に向かうために効果が期待できるような技術を日々追求しています。

徹底した衛生管理

当院で使用している鍼は全て使い捨てです。
シャーレなど、その他の器具も高圧滅菌器で完全滅菌しております。
衛生面でも、より安心安全な環境をめざしています。

セルフケアの指導もオーダーメイド

当院では、将来的に患者さんが、健康に責任をもち、自身で症状をコントロールできるよう、正しい知識とセルフケアをお伝えできるような環境を目指しています。

完全予約制

お一人お一人としっかり向き合う姿勢を大切にしているため、完全予約制という形態をとっております。
忙しい方にも待ち時間なしでご案内することができます。

機能性ディスペプシアでお困りのあなたへ

 

当院では、2009年の開院以来、胃の不快感で悩む多くの方と向き合ってきました。

 

病院や整体で改善しなかった場合でも、一度ご相談ください。

 

このページをお読み頂いている、あなたが、日々を生き生きと過ごせるよう全力でサポートします。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

ゐろは鍼漢院 院長  池内 毘観

院長プロフィール

池内毘観 1980年生まれ。

2003年 鍼灸師国家資格を取得。

 

整形外科、内科、婦人科、耳鼻科など多くの科を有する、長野県水嶋クリニックの勤務を経て、2009年に独立。16年間でのべ、5万人以上の施術経験を積む。

 

現在、『一本の鍼には、一人の可能性を広げる力がある」を信条に日々奮闘中。

良くある質問

Q1.鍼は痛くないですか?

A1.痛みを感じることはほとんどありません。
鍼というと、多くの方は注射針や縫い針を想像されるかもしれません。しかし鍼治療で用いる鍼は約0.1mmと非常に細く、痛みをほとんど感じることはほとんどありません。心地よくて、治療中に寝てしまう方もいらっしゃいます。

 

Q2.お灸は熱くないですか?


A2.熱さよりも、一瞬「ジワッ」とした心地よい感覚があります。


Q3. 鍼で
病気が感染することはありませんか?

A3.ありません。
当院で使用する鍼は全て使い捨てです。鍼以外の器具も高圧滅菌器で滅菌しています。

 

Q4.どのような服装で行けば良いですか?

A4.肘と膝まで袖、裾があげられるゆったりとした服装が理想です。

※仕事帰りの方はこちらで着替えを用意いたします。服装に気を使わず安心してお越し下さい。

 

Q5.肌はどれくらい出しますか?

A5.施術内容に応じて必要最少限の部位を出していたたきます。
施術する部位は患者さまによって様々ですが、当院では手足、腹部、背部に鍼を行う事が多いです。

ご案内 

ゐろは鍼漢院は完全予約制、新規の方は1日2名限定の鍼灸院です。

待ち時間無く対応させていただくために、完全予約制となっております。

 

初めての方は初回の検査、カウンセリングにお時間がかかるため、1日2名限定となります。

 

そのため初回ご予約の場合当日ご連絡ですと予約を受けられない場合があります。

 

必ず、来院前にお電話かメールまたはLINEでご連絡ください。

受付時間 

9:00~19:00(休診日:日・木・祭日)

料金と時間の目安   

初診

8800 →4980円 (約60~75分) 

2診目以降

5500円(約20~30)

 

ゐろは鍼漢院では、一時的な症状の緩和ではなく、根本的な改善を目指しているため、初回はヒアリングと検査を中心に行います。

 

※保険はご利用になれません。あらかじめご了承下さい。

予約について

 

ステップ1:04-7100-0039にお電話ください。
ステップ2:「ホームページを見て…。」とお伝えください。
ステップ3:①お名前 

      ②お困りの症状 

      ③ご希望の日時などをお伺いいたします。

ご紹介者がいらっしゃる場合は、お伝えください。 約2~3分で予約完了です。

  • 04-7100-0039
  • 診療案内
    診療案内
  • LINEで簡単予約
  • 初回限定料金
    初回限定料金
  • ヒアリングシート
    ヒアリングシート
  • 医師からの推薦状
    医師からの推薦状
  • 営業日カレンダー
    « 2019年10月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    • 休診日
    • 午前のみ
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域

    【千葉県】我孫子市 柏市 印西市 松戸市

    【茨城県】取手市 守谷市

    【埼玉県】三郷市

  • ブログ
    スタッフのブログ