我孫子のはりきゅう専門院

  • 胸焼けがする
  • ノドがチリチリと痛む
  • 酸っぱい、あるいは苦い唾が上がってくる
  • 声が出しづらい
  • 慢性的に咳が出る。咳払いをよくする。
  • 胸が熱い、痛い感じがする

もし、今あなたが、逆流性食道炎の為に辛い思いをされているのであれば、

16年間でのべ5万人以上の臨床実績がある、当院がお役に立てるかも知れません。

 

このページでは当院の逆流性食道炎に対する考え方や、施術方針についてまとめました。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、胃液や消化中の食べ物が食道に逆流する病気です。

胃液は強酸性のため、食道に逆流すると、食道の粘膜は胃酸により、ただれ潰瘍ができたりします。

代表的な症状は、「食後の胸焼けやゲップ」、「喉に酸っぱいものや苦いものがこみ上げてくる」などの訴えがあります。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎が起こる主な原因としては、以下の3つが挙げられます。

①下部食道括約筋の筋力低下

②便秘

③消化に負担のかかる飲食物の摂取

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

 

①下部食道括約筋の筋力低下
下部食道括約筋は、胃と食道の境にあり、胃液が食道に逆流するのを防ぐ役割があります。加齢などにより、この筋肉に筋力低下が起ると胃の中の食べ物が食道に逆流し易くなります。

 

②便秘

便秘とは、お腹が張っている状態です。お腹が張ると、腹圧は高まり、胃は腸からの圧迫を受け、胃液は食道への逆流してしまうことがあります。

 

③消化に負担のかかる飲食物の摂取
例えば、脂肪分の多い食事をすると、十二指腸からコレシストキニンというホルモンが分泌され、下部食道括約筋がゆるんだり、胃酸が増え易くなります。

 

これは、脂肪がほかの栄養素に比べて消化に負担がかかるからです。同じ理由で、アルコールの飲み過ぎ、早食いや過食など、胃腸に負担をかける行為も逆流性食道炎の原因となります。

 

一昔前までは、逆流性食道炎の主な原因は①下部食道括約筋の筋力低下と考えられていたため、高齢者の病気とされてきました。しかし、②便秘 ③消化に負担のかかる飲食物の摂取も、逆流性食道炎の原因とるなり得るため、近年では年齢に関係なく発症することが分かっています。

病院では

病院では、胃酸の分泌量の減少、食道の運動機能の改善、胃酸の中和、食道の粘膜を保護・修復を目的として薬物療法が中心に行われます。

 

薬物療法で効果がない場合や、重症の場合などは外科的手術を薦められることもあります。

自分でできること

脂肪分の多い食事やアルコールの摂取を控え、胃への刺激の少ないものを腹八分目で食べるようにしましょう。早食いも厳禁です。

 

また、便秘をはじめ、腹圧を上昇させるような状況を避けるため、お腹をベルトできつく締め付けすぎない、無理して重いものを持たない、肥満に注意するなどの対策も有効です。

 

便秘については、便秘のページを参考にしてください。

当院では

逆流性食道炎の方をみていると、年齢に関わらず、「胸焼け」「喉の違和感」「酸っぱい・苦いものの逆流」など、特徴的な症状を自覚する以前から、便秘や腹部膨満感、腰痛、殿部痛などを抱えているケースがほとんどです。

 

お腹から、腰、臀部の緊張はすべて、腹圧を上昇させる原因となります。

 

これを解決するために、当院では、お腹、腰、臀部の緊張を緩めるツボの中から、特に効果が高いツボを厳選し鍼を行います。

逆流性食道炎で使うツボの一例
合谷・三陰交・築賓・内関・四瀆・陽陵泉・天井・膝陽関など
実際の臨床では、
①効果の高いツボを厳選する知識
②厳選したツボに鍼先をしっかりと当てる技術力
の2点が、施術効果を大きく左右します。

施術の流れ

初回

1.カウンセリングシートの記入

現在の辛い症状、生活習慣などについて詳しく記入していただきます。

2.カウンセリング

カウンセリングシートをもとに、現在つらい症状について聞き取りを行います。

一見、お悩みの症状と関係ないと思われることに、ヒントが隠されていることがあります。

3.検査

脈やお腹の状態など東洋医学独自の検査法に、血圧測定・姿勢チェックなどの西洋医学的検査を合わせ、お体の状態を判断していきます。

4.施術

見立てに従い施術を行います。

2回目の説明

2回目のご案内をします。

2診目

初回の施術後、身体の反応・病歴・症状の強さなどを過去のデータと照合して、あなたにとってベストな通院のペースや期間などを計画しお伝えいたします。

 

※計画に合わせた、通院が困難な場合は遠慮無く「予定をみて連絡します」とお伝えください。

お体の専門家として必要な通院頻度と期間はお伝えますが、無理に通院を勧める事はありません。

2.計画に基づいた施術の開始

施術計画に基づいき、あなたの体に合わせたオーダーメイドの施術を行っていきます。

3.養生の説明

あなたにあわせた、養生法や自宅でできる、ストレッチなど必要なタイミングでお伝えしていきます。



来院者さまの声

J・Iさま
30代 女性 販売員
柏市

ストレスで体調を崩し、食欲不振で胃のムカムカ感に悩まされてきました。 ネットや本などで調べて、鍼が良いことを知り、こちらに通わせていただきました。 施術してすぐには、効果はわからなかったのですが、ちゃんと続けて、通って行くうちにムカムカ感がなくなり、最近は、ご飯が美味しく食べる事ができ、とても嬉しいです。 胃だけとか、...

水嶋クリニック院長

水嶋 丈雄医師

 

池内先生は種々の鍼灸理論に精通しています。

体のこと病気のこと、お困りのことがありましたら気軽に一度ご相談してみてください。


症状に合わせて適切な施術計画を提案します。

                   

行き当たりばったりに無計画に施術をしても、結局は遠回りになってしまいます。
当院では、その時、施術するべきポイントを厳選し、段階的に快方へ向かうよう計画を立てていきます。

より確かな技術の追求

当院の施術にあたるスタッフは全員、鍼灸師の国家資格を有しております。

また、16年の経験をもとに、さらに皆さまが理想の状態に向かうために効果が期待できるような技術を日々追求しています。

徹底した衛生管理

当院で使用している鍼は全て使い捨てです。
シャーレなど、その他の器具も高圧滅菌器で完全滅菌しております。
衛生面でも、より安心安全な環境をめざしています。

セルフケアの指導もオーダーメイド

当院では、将来的に来院者さまが、健康に責任をもち、自身で症状をコントロールできるよう、正しい知識とセルフケアをお伝えできるような環境を目指しています。

完全予約制

お一人お一人としっかり向き合う姿勢を大切にしているため、完全予約制という形態をとっております。
忙しい方にも待ち時間なしでご案内することができます。

逆流性食道炎でお困りのあなたへ

 

当院では、2009年の開院以来、逆流性食道炎で悩む多くの方と向き合ってきました。

 

病院や整体で改善しなかった場合でも、一度ご相談ください。

 

このページをお読み頂いている、あなたが、日々を生き生きと過ごせるよう全力でサポートします。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

ゐろは鍼漢院 院長  池内 毘観

院長プロフィール

池内毘観 1980年生まれ。

2003年 鍼灸師国家資格を取得。

 

整形外科、内科、婦人科、耳鼻科など多くの科を有する、長野県水嶋クリニックの勤務を経て、2009年に独立。16年間でのべ、5万人以上の施術経験を積む。

 

現在、『一本の鍼には、一人の可能性を広げる力がある」を信条に日々奮闘中。

良くある質問

Q1.鍼は痛くないですか?

A1.痛みを感じることはほとんどありません。
鍼というと、多くの方は注射針や縫い針を想像されるかもしれません。しかし鍼治療で用いる鍼は約0.1mmと非常に細く、痛みをほとんど感じることはほとんどありません。心地よくて、治療中に寝てしまう方もいらっしゃいます。

 

Q2.お灸は熱くないですか?


A2.熱さよりも、一瞬「ジワッ」とした心地よい感覚があります。


Q3. 鍼で
病気が感染することはありませんか?

A3.ありません。
当院で使用する鍼は全て使い捨てです。鍼以外の器具も高圧滅菌器で滅菌しています。

 

Q4.どのような服装で行けば良いですか?

A4.肘と膝まで袖、裾があげられるゆったりとした服装が理想です。

※仕事帰りの方はこちらで着替えを用意いたします。服装に気を使わず安心してお越し下さい。

 

Q5.肌はどれくらい出しますか?

A5.施術内容に応じて必要最少限の部位を出していたたきます。
施術する部位は患者さまによって様々ですが、当院では手足、腹部、背部に鍼を行う事が多いです。

ご案内 

ゐろは鍼漢院は完全予約制、新規の方は1日2名限定の鍼灸院です。

待ち時間無く対応させていただくために、完全予約制となっております。

 

初めての方は初回の検査、カウンセリングにお時間がかかるため、1日2名限定となります。

 

そのため初回ご予約の場合当日ご連絡ですと予約を受けられない場合があります。

 

必ず、来院前にお電話かメールまたはLINEでご連絡ください。

受付時間 

9:00~19:00(休院日:日・木・祭日)

料金と時間の目安   

初回

8800 →4980円 (約60~75分) 

2回目以降

5500円(約20~30)

 

ゐろは鍼漢院では、一時的な症状の緩和ではなく、根本的な改善を目指しているため、初回はヒアリングと検査を中心に行います。

 

※保険はご利用になれません。あらかじめご了承下さい。

予約について

 

ステップ1:04-7100-0039にお電話ください。
ステップ2:「ホームページを見て…。」とお伝えください。
ステップ3:①お名前 

      ②お困りの症状 

      ③ご希望の日時などをお伺いいたします。

ご紹介者がいらっしゃる場合は、お伝えください。 約2~3分で予約完了です。

  • 04-7100-0039
  • 鍼療案内
    鍼療案内
  • LINEで簡単予約
  • 初回限定料金
    初回限定料金
  • ヒアリングシート
    ヒアリングシート
  • 医師からの推薦状
    医師からの推薦状
  • 営業日カレンダー
    « 2019年11月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 休院日
    • 午前のみ営業
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域

    【千葉県】我孫子市 柏市 印西市 松戸市

    【茨城県】取手市 守谷市

    【埼玉県】三郷市

  • ブログ
    スタッフのブログ