我孫子のはりきゅう専門院

 

  • 朝、ベッドから、立ち上がる時にズキンと痛む
  • 自転車のペダルを踏むのが辛い
  • 足の痛みで、歩行が休み休みになる。
  • 病院では異常なしと言われた
  • いろんな方法を試したが、改善しなかった。

16年間でのべ5万人以上の臨床実績がある、当院がお役に立てるかも知れません。

 湿布やマッサージをしてもよくならない足裏の痛み。「もうよくならない。」と諦めていませんか?

 

足の裏は、体のバランスをコントロールする要。

足の痛みのせいで、思うように行動できないのは本当に辛いですよね。

 

当院は、2009年の開院以来、モートン病でお悩みの多くの方からご相談を頂いてます。

 

もし、今あなたが、足の痛みのために毎日、憂鬱な日々を過ごしているのであれば、一人で悩まず、当院にご相談ください。

 

実際に施術を受けた方の「」や「症例」も公開しているので是非参考にしてください。

 

院長プロフィール

池内毘観 1980年生まれ。

2003年 鍼灸師国家資格を取得。

 

整形外科、内科、婦人科、耳鼻科など多くの科を有する、長野県水嶋クリニックの勤務を経て、2009年に独立。16年間でのべ、5万人以上の施術経験を積む。

 

現在、『一本の鍼には、一人の可能性を広げる力がある」を信条に日々奮闘中。

モートン病とは?

モートン病とは、足の指の知覚を伝える「指神経」が、足にある深横中足靱帯(しんおうちゅうそくじんたい)という靱帯に圧迫されて起ります。

圧迫を受けたところよりも先の神経がコブのように膨らんでくることから、「モートン神経腫」ともいわれます。

 

代表的な症状には、「痛み」「しびれ」「圧迫感」などが挙げられます。

 

 比較的、成人女性に多くみられ、第3趾と第4趾の間におこることが多いとされていますが、まれに第2趾と第3趾の間に発症することもあり、症状が酷い場合は、「ふくらはぎ」まで違和感が及びます。

病院では?

消炎鎮痛剤やビタミンB12などの飲み薬、その他、低周波治療などが行われます。

 

ステロイド剤の注射も効果的とされていますが、足の組織がもろくなるため、繰り返し、行う事はできません。


最近では、日頃から、足を
ケアする事の重要性を説く病院や整骨院も増え、中敷きをオーダーメイドで作成することもあるようです。

では鍼灸でどうやって施術するの?

モートン病の原因が靴の不具合などであれば、ご自身に合わせた靴を選び直すことが大切です。

 

それと同時に、足裏に負担をかけ易くなってしまっている現在の体の歪みをリセットすることが、求められます。

 

それには、鍼がお力になれる場合が多いです。

鍼で体の歪みやコリを取り除くことで両足に正しく重心がかかるようになれば、炎症が治った後も再発しにくくなります。

 

モートン病でお悩みの方は一度ご相談ください。

施術の流れ

初回

1.ヒアリングシートの記入

現在の辛い症状、生活習慣などについて詳しく記入していただきます。

2.ヒアリング

ヒアリングシートをもとに、現在つらい症状について聞き取りを行います。

一見、お悩みの症状と関係ないと思われることに、ヒントが隠されていることがあります。

3.検査

脈診や腹診など東洋医学独自の検査法と、西洋医学的検査を合わせて、お体の状態をみていきます。

4.施術

見立てに従い施術を行います。

2回目の説明

2回目のご案内をします。

2診目

初回、施術後から2診目までのお体の変化より、あなたにとって最善と思われる、通院頻度や期間を当院の16年のデータと照合し、「施術の計画」としてお伝えいたします。

 

※計画に合わせた、通院が困難な場合は遠慮無く「予定をみて連絡します」とお伝えください。

お体の専門家として必要な通院頻度と期間はお伝えますが、無理に通院を勧める事はありません。

2.計画に基づいた施術の開始

施術計画に基づいき、あなたの体に合わせたオーダーメイドの施術を行っていきます。

3.養生の説明

あなたにあわせた、養生法や自宅でできる、ストレッチなど必要なタイミングでお伝えしていきます。


モートン病・足底筋膜炎の症例  クリック↓↓  

※効果には個人差があります。

患者さまの声 

S ・A
30代 男性
我孫子市

趣味のランニングを始めて1年ほどになりますが、ようやく、走る楽しみが分かってきた矢先、足の裏が痛むようになりました。

 

始めは、足が地面に着地する時に時々痛む程度でしたが、そのうち10歩走れば、10回痛むようになり、困りあぐねいているところ、知人にゐろはさんを紹介され、施術を受けてみることにしました。

 

「足裏の痛みなので、足裏に鍼を打たれる。きっと痛いに違いない…」と覚悟を決めて行きましたが、ふくらはぎと脛に、チョイチョイと鍼をするだけで、鍼の痛みは、ほとんどありませんでした。

 

その後、施術を受ける度に痛みは軽減し、今では、ランニングを再び楽しめるようになりました。

 

今は、10月の手賀沼マラソンにむけて、トレーニング中です。

 

その後も、再発予防の為に時々お世話になっていますが、お陰で、安心して走ることができます。

 

水嶋クリニック院長

水嶋 丈雄医師

 

池内先生は種々の鍼灸理論に精通しています。

体のこと病気のこと、お困りのことがありましたら気軽に一度ご相談してみてください。

1.症状に合わせて適切な施術計画を提案します。

                   

行き当たりばったりに無計画に施術をしても、結局は遠回りになってしまいます。
当院では、その時、施術するべきポイントを厳選し、段階的に快方へ向かうよう計画を立てていきます。

2.より確かな技術の追求

当院の施術にあたるスタッフは全員、鍼灸師の国家資格を有しております。

また、16年の経験をもとに、さらに皆さまが理想の状態に向かうために効果が期待できるような技術を日々追求しています。

3. 徹底した衛生管理

当院で使用している鍼は全て使い捨てです。
シャーレなど、その他の器具も高圧滅菌器で完全滅菌しております。
衛生面でも、より安心安全な環境をめざしています。

4.セルフケアの指導もオーダーメイド

当院では、将来的に患者さんが、健康に責任をもち、自身で症状をコントロールできるよう、正しい知識とセルフケアをお伝えできるような環境を目指しています。

5. 完全予約制

お一人お一人としっかり向き合う姿勢を大切にしているため、完全予約制という形態をとっております。
忙しい方にも待ち時間なしでご案内することができます。

モートン病でお困りのあなたへ

 

モートン病が改善したら、何がしたいですか?

 

・趣味やスポーツをもっと楽しみたい。
・孫と楽しくあそびたい。
・仕事をバリバリこなしたい。
・家族や友人と旅行を楽しみたい

 

当院では、ご縁のある方のそんな想いに応えるべく、2009年の開院以来、モートン病で悩む多くの方と向き合ってきました。

 

病院や整体で改善しなかった場合でも、一度ご相談ください。

 

このページをお読み頂いている、あなたが、足の痛みに悩むことなく、日々を生き生きと過ごせるよう全力でサポートします。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

                ゐろは鍼漢院 院長  池内 毘観

ご案内  お気軽にご相談ください。

ゐろは鍼漢院は完全予約制、新規の方は1日2名限定の鍼灸院です。

待ち時間無く対応させていただくために、完全予約制となっております。

 

初めての方は初回の検査、カウンセリングにお時間がかかるため、1日2名限定となります。

 

そのため初回ご予約の場合当日ご連絡ですと予約を受けられない場合があります。

 

必ず、来院前にお電話かメールまたはLINEでご連絡ください。

受付時間 

9:00~19:00(休診日:日・木・祭日)

料金と時間の目安   

初診

8800 →4980円 (約60~75分) 

2診目以降

5500円(約20~30)

 

ゐろは鍼漢院では、一時的な症状の緩和ではなく、根本的な改善を目指しているため、初回はヒアリングと検査を中心に行います。

 

※保険はご利用になれません。あらかじめご了承下さい。

予約について

 

ステップ1:04-7100-0039にお電話ください。
ステップ2:「ホームページを見て…。」とお伝えください。
ステップ3:①お名前 

      ②お困りの症状 

      ③ご希望の日時などをお伺いいたします。

ご紹介者がいらっしゃる場合は、お伝えください。 約2~3分で予約完了です。

  • 04-7100-0039
  • 診療案内
    診療案内
  • LINEで簡単予約
  • 初回限定料金
    初回限定料金
  • ヒアリングシート
    ヒアリングシート
  • 医師からの推薦状
    医師からの推薦状
  • 営業日カレンダー
    « 2019年10月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    • 休診日
    • 午前のみ
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域

    【千葉県】我孫子市 柏市 印西市 松戸市

    【茨城県】取手市 守谷市

    【埼玉県】三郷市

  • ブログ
    スタッフのブログ