我孫子のはりきゅう専門院

  • 月経時には、毎回寝込んでしまう
  • 月経時には、痛み止めが手放せない。
  • 月経時には、腰痛や下腹痛だけではなく頭痛や吐き気も起る
  • 月経時には、決まってお腹の調子が悪くなる。

16年間でのべ5万人以上の臨床実績がある、当院がお役に立てるかも知れません。

 

 

当院は、2009年の開院以来、月経困難症でお悩みの多くの方からご相談を頂いてます。

 

もし、今あなたが、生理痛をはじめとした月経時の症状のため毎月、辛い思いをしているのであれば、一人で悩まず、当院にご相談ください。

 

このページでは当院の月経困難症に対する考え方や、施術方針についてまとめました。

当院で施術を行った月経困難症の症例

来院者さまの声

M・M
20代 女性
東京都

初めて治療してもらった日は、一番痛みが酷い時でしたが、

治療してもらうと、痛みがスーと引いていくのわかり、思わず、エーー!!!っと大きな声をあげてしましました。

 

水嶋クリニック院長

水嶋 丈雄医師

 

池内先生は種々の鍼灸理論に精通しています。

体のこと病気のこと、お困りのことがありましたら気軽に一度ご相談してみてください。

月経困難症(生理痛)とは

月経のときには、80%~90%の人が、下腹部の痛みや腰痛とともに、頭痛・だるさ・イライラ感・不眠など全身の不快感を経験すると言われています。

 

多くの人は、これら症状の程度はさほど強くなく、日常の仕事を続けるのに問題になることはありません。

 

しかし、仕事や日常生活に支障を来すほどの症状がおこる場合、医学的に月経困難症と呼ばれ、16~32%の女性が是に該当すると言われています。

月経困難症の症状

月経痛は、「キュー」と引きつれる様な痛みを下腹部に感じることが多く、時には、その痛みが、太ももや背中に拡がることがあります。

ある研究では、月経困難症のうち、下腹部痛が82%、腰痛が44%の人にみられるようです。

その他、全身におこる症状として、悪心・嘔吐(89%)、疲れやすさ(85%)、イライラ(67%)、下痢(60%)、めまい(60%)、頭痛(45%)が報告されています。

月経困難症の原因

現代医学は月経困難症の原因について、精神的ストレスによる心因説をはじめ、いくつかの説を提唱していますが、完全には解明されていません。

 

最近では、プロスタグランジンというホルモンが子宮を収縮させ続けた結果、子宮が酸欠状態になり、月経時の様々な症状を引き起こしているという説が有力です。

病院では?

 

病院の処置でよくなる方がいる一方でなかなか、症状が改善せず悩んでいる方が多数いるのも実情です。

少し、視点を変えて、東洋医学の目から体をみていくことが大切です。

当院の施術

鍼灸の作用
古来より鍼灸には自律神経の働くを調節するテクニックが存在します。自律神経を整え骨盤内の血液循環を促進することで、子宮に新鮮な血液が巡るようにはたらきかけていきます。

現代医学が、月経困難症の原因について、諸説あるのは、なぜでしょうか?

それは、「月経困難症」という、同じ名の病でも、一人ひとり原因が異なるためです。

 

一人ひとりの、体質や生活環境、生活習慣から、今の体と心の状態を把握し、原因をとらえていく東洋医学の立場から見ると、原因が諸説あるのは、むしろ自然な事です。

 

当院は丁寧なカウンセリングと検査から、あなたの月経に伴う症状の原因を考えていきます。

そしてあなたに合わせた施術計画をオーダーメイドで立てていきます。

施術の流れ 

写真は左右にスライドできます◀▶

 

 

症状に合わせて適切な施術計画を提案します。

                   

行き当たりばったりに無計画に施術をしても、結局は遠回りになってしまいます。
当院では、その時、施術するべきポイントを厳選し、段階的に快方へ向かうよう計画を立てていきます。

より確かな技術の追求

当院の施術にあたるスタッフは全員、鍼灸師の国家資格を有しております。

また、16年の経験をもとに、皆さまが理想の状態に向かうために効果が期待できるような技術を日々追求しています。

徹底した衛生管理

当院で使用している鍼は全て使い捨てです。
シャーレなど、その他の器具も高圧滅菌器で完全滅菌しております。
衛生面でも、より安心安全な環境をめざしています。

セルフケアの指導もオーダーメイド

当院では、将来的に来院者さまが、健康に責任をもち、自身で症状をコントロールできるよう、正しい知識とセルフケアをお伝えできるような環境を目指しています。

完全予約制

お一人お一人としっかり向き合う姿勢を大切にしているため、完全予約制という形態をとっております。
忙しい方にも待ち時間なしでご案内することができます。

月経困難症でお困りのあなたへ

 

「いつも生理の時は薬が手放せない…痛みのせいで仕事も、プライベートもその期間は我慢しながらやり過ごす事が当たり前になっている

 

当院では、、2009年の開院以来、月経困難症で悩む多くの方と向き合ってきました。

 

病院や整体で改善しなかった場合でも、一度ご相談ください。

 

このページをお読み頂いている、あなたが、生理時の痛みやその他の症状に悩むことなく、日々を生き生きと過ごせるよう全力でサポートします。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。


ゐろは鍼漢院 院長  池内 毘観

院長プロフィール

池内毘観 1980年生まれ。

2003年 鍼灸師国家資格を取得。

 

整形外科、内科、婦人科、耳鼻科など多くの科を有する、長野県水嶋クリニックの勤務を経て、2009年に独立。16年間でのべ、5万人以上の施術経験を積む。

 

現在、『一本の鍼には、一人の可能性を広げる力がある」を信条に日々奮闘中。

良くある質問

Q1.鍼は痛くないですか?

A1.痛みを感じることはほとんどありません。
鍼というと、多くの方は注射針や縫い針を想像されるかもしれません。しかし鍼灸の施術で用いる鍼は約0.1mmと非常に細く、痛みをほとんど感じることはほとんどありません。心地よくて、施術中に寝てしまう方もいらっしゃいます。

 

Q2.お灸は熱くないですか?


A2.熱さよりも、一瞬「ジワッ」とした心地よい感覚があります。


Q3. 鍼で
病気が感染することはありませんか?

A3.ありません。
当院で使用する鍼は全て使い捨てです。鍼以外の器具も高圧滅菌器で滅菌しています。

 

Q4.どのような服装で行けば良いですか?

A4.肘と膝まで袖、裾があげられるゆったりとした服装が理想です。

※仕事帰りの方はこちらで着替えを用意いたします。服装に気を使わず安心してお越し下さい。

 

Q5.肌はどれくらい出しますか?

A5.施術内容に応じて必要最少限の部位を出していたたきます。
施術する部位は症状によって様々ですが、当院では手足、腹部、背部に鍼を行う事が多いです。

ご案内  

ゐろは鍼漢院は完全予約制、新規の方は1日2名限定の鍼灸院です。

待ち時間無く対応させていただくために、完全予約制となっております。

 

初めての方は初回の検査、カウンセリングにお時間がかかるため、1日2名限定となります。

 

そのため初回ご予約の場合当日ご連絡ですと予約を受けられない場合があります。

 

必ず、来院前にお電話かメールまたはLINEでご連絡ください。

受付時間 

9:00~19:00(休院日:日・木・祭日)

料金と時間の目安   

初回

8800 →4980円 (約60~75分) 

2回目以降

5500円(約20~30)

 

ゐろは鍼漢院では、一時的な症状の緩和ではなく、根本的な改善を目指しているため、初回はヒアリングと検査を中心に行います。

 

※保険はご利用になれません。あらかじめご了承下さい。

予約について

 

ステップ1:04-7100-0039にお電話ください。
ステップ2:「ホームページを見て…。」とお伝えください。
ステップ3:①お名前 

      ②お困りの症状 

      ③ご希望の日時などをお伺いいたします。

ご紹介者がいらっしゃる場合は、お伝えください。 約2~3分で予約完了です。