当院では、患者さまの現在の状態をしっかりと把握してから治療を行う姿勢を大切にしているため

初診時は、問診、検査を中心におこなっていきます。

そして2診目では検査結果の説明とそれに基づいた施術計画をご提案し、同意をいただいた上で初めて本格的な治療を行います。

※ぎっくり腰や首の寝違いなど急性症状がある場合は、痛みを緩和するための応急処置を行います。ご予約時にご相談ください。

初診 問診・検査・治療計画書の作成

予診票の記入

現在の辛い症状、生活習慣などについて詳しく記入していただきます。

この問診票から得られる情報は、治療方針を決める上で、とても重要なものとなります。過去のご病気や睡眠、嗜好傾向、仕事環境など、どれも大切な情報です。

そのため、患者さんには事前に問診票をダウンロードし、しっかりと時間を確保してご記入いただくようご協力をお願いしています。

※ダウンロード印刷できない方は、予約連絡時にご相談ください。

鍼灸の説明

鍼灸治療が初めてという方でも安心して治療が受けられるよう、使用する道具や治療方法について解りやすく説明します。

問診(カウンセリング)

問診票をもとに現在つらい症状についてお話を聞かせていただきます。
一見、お悩みの症状と関係ないと思われるようなことに、ヒントが隠されていることがあります。

検査

問診で得た情報をもとに、血圧測定・姿勢分析・体温測定・神経テストなどの西洋医学的検査と、脈診・腹診・舌診などの東洋学的検査を統合した、当院オリジナルの統合検査法により、丁寧にお体の状態をみていきます。

2診目受診の説明

問診検査の結果を解析し、次回までにあなただけの治療計画書を作成します。

問診検査の解析を行い治療計画をたてるのに、丸1日程度お時間をいただいております。2診目の受診は、翌日以降にお取りください。

2診目 治療の開始

治療計画の説明

初診で行った検査結果をもとに、下記の4点について丁寧に説明します。
健康になって○○をしたいという目標を達成できるよう、一緒に頑張りましょう。

  • 症状の原因
  • 当院の治療が適応かどうか
  • 治療頻度と期間の目安
  • かかる費用の目安

※治療計画に同意いただけない場合は、遠慮なく、「予定を見て連絡します。」とお伝えください。

また他の医療機関を受診する必要があると判断した場合もここで終了になります。

その場合、ここまでが初診料に含まれているため、2診目の料金は発生しません。

鍼灸治療

治療計画にそって、あなたの体に合わせた刺激の治療を行っていきます。
再検査の日まで全項目の検査は行いませんが、毎回最低限必要な検査を交えながら治療を進めていきます。

※治療計画に沿って進めていきますが、状況の変化によって計画をより良いものに修正していくこともあります。

養生の説明

初診時には行いませんが、第三診以降、治療経過をふまえた上で、日常生活で気をつけることや自宅でできる、ストレッチなど必要なタイミングで段階的にお伝えします。

治療を受けた日は、以下のことお控えください。

  • アルコールの摂取や暴飲暴食
  • 激しい運動
  • 長めの入浴
  • サウナ

ご来院いただく前に

初めてご来院いただく方は、こちらをお読みください。

  • 現在服用中のお薬を準備してください。また問診表に記入していただきますので、必要な方は眼鏡をご用意ください。
    問診票のダウンロードはこちら >
  • 当日は、なるべくゆったりとした服装を着用して来てください。施術中に身体を曲げたり延ばしたりするので、動きやすい格好の方が施術しやすくなります。ご協力お願い致します。
  • 当院は、完全予約制です。キャンセル・予約の変更は2日前までにお願いいたします。
  • 「お一人お一人にしっかりと治療をうけていただきたい」という思いで、時間枠を確保しています。
    そのため、無断キャンセルや当日、突然のキャンセルは、同じ時間を希望された方にも迷惑がかかってしまいます。
    ※ご家族が病気になられたなど、やむを得ない事情のときは、ひとりで悩まずにご相談ください。

    当院は、ご縁のある患者さまが、みな気持ちよく通院できる環境づくりをひとつのテーマとしています。
    ご理解いただけると嬉しいです。