我孫子のはりきゅう専門院

月経痛の軽減後、妊娠(30歳 女性)

" , , "

来院者

30歳女性

通院期間

2018年10月~ 約3ヶ月

頻度

1週間~10日に1回

通院回数

7回

症状

来院する1年半前から、子供を授かりたいと願っているが、なかなか妊娠できない。

 

病院で、検査を受けるも、夫婦ともに、「特に問題はみつからない」と告げられる。

 

3ヶ月前より、タイミング法を試みるが結果が伴わないので、1週間前から、排卵促進剤(クラミッド)を処方された。

 

その後、薬だけではなく、東洋医学も試してみたと思い、来院に至る。

 

月経周期は毎月30±2日と概ね安定している。期間は約4日間。

 

生理の初日と2日目は、痛み止めの薬を飲む他、下腹部に、ほっカイロを貼らないと、寝込んでしまうほど辛い。

経血の色はどす黒く、血塊を伴う。

 

月経前は、食欲が増し、怒りっぽくなる他、腰が痛くなるなるが、月経後は不思議と体全体がスッキリする。

 

その他:睡眠 便通良好。 夜間に2回ほどトイレ(小水)に起きる。下肢の冷え(+)

施術と経過

「経血が黒く血塊が混じる。生理後に体がスッキリする」などの症状から、下腹部に※瘀血の存在を疑い、この瘀血が、骨盤内の血液の循環を妨げた結果、冷えや生理痛、そして妊娠しにくい環境を招いていると考えた。

 

施術方針:骨盤内の血液のめぐりをよくする。

 

※瘀血:東洋医学における、体を構成する基本的な要素「気・血・水」のうち血が滞ったもの。血は全身の細胞を栄養する働きがあるが、滞るとその役割を果たせないばかりか、痛みを始めとした、種々の症状を引きおこす。

西洋医学でいう「血栓」や「血塊」、「筋腫」などもこの瘀血として捉えれることが多い。

実態が目視できなくても、東洋医学の見立てでは、瘀血特有の症状があれば「瘀血あり」と判断する。

 

初回〜2回目

骨盤内の血液循環を促進する目的で、太ももの内側と足首の上にある、婦人科のツボに鍼をする。

 

その他、下腹部と、仙骨周辺のツボの中から、ツボの反応が顕著なものを選び灸をすえる。

 

経過:2回目の施術を受けその数日後に月経がおとずれるが、いつものような激しい生理痛がないことに驚く。

約10年近く、当たり前のように痛み止めを飲み、ほっカイロが手放せなかったことが嘘のよう。

3回目〜7回目

2回目までの施術内容の他、肩こりの施術を加える。

 

5回目と6回目の間に月経がおとずれるが、生理痛がほとんどなく、薬やカイロなしで、日常生活を過ごすことができる。足の冷えも以前ほど気にならない。

 

経過:7回目の施術の約1ヶ月後、妊娠したとの連絡を受け、施術を終了とする。

使用したツボの一例

三陰交 血海 関元 次髎

まとめ

骨盤内の血液循環の促進を目的に鍼と灸を行った結果。月経痛が軽減し、妊娠へと繋がった症例。

 

全ての不妊症に鍼灸のみで対応できるとは考えていないが、器質的異常(臓器の形の異常)がなければ、鍼灸が力になれるケースが多々あることを知ってもらいたい。

  • 04-7100-0039