我孫子のはりきゅう専門院

腰痛が原因と思われた膝の痛み

  • 患者

    50 代

  • 来院

    2019年3月 ~ 2019年4月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    7回

症状

1週間前より、左膝が痛い。

はじめは、階段の昇降時のみ痛みを感じていたが、来院する前日より、歩行時にも痛みを感じるようになった。

膝を伸ばしていれば、痛みを感じないが、座る時など膝を曲げる時に痛みを感じる。

このままでは、仕事にも支障がでるとおもい、来院。

その他の症状:母の介護などの影響もあり、以前より、右側の腰を痛めやすい

施術と経過

初回)左膝を触診にて確認すると、膝全体がうっすらと腫れ、特に膝蓋骨(膝のお皿)の上と大腿部外側(太ももの外側)に沿って熱を強く感じた。

膝周りの炎症を緩和する目的で、膝と機能的に関係が深い、臀部の緊張部位に鍼を行ったところ、少し膝の曲げる動作が楽になる。

その後、大腿部(太もも)外側の緊張を取るために、背中の反応点に鍼を刺し、この日は施術を終了した。

2回目)初回に比べ、膝の腫れが軽減していることを確認。初回で使用したツボに加え、膝裏の反応点に鍼を行い施術を終了する。

3回目)施術後3日間は膝の痛みを感じる事も無く過ごせたが、2回目の施術四日後あたりから、また、膝を曲げる動作が辛くなる。

以前より持病であった、腰の症状に注目し、右腰痛緩和の目的で、右の臀部に鍼を行う。

以後6診まで、右の腰臀部の施術をおこなったところ、腰痛の軽減と共に左膝の症状も安定しいった。

6回目の施術10日後にあたる、7回目の来院時。左膝に違和感は少し残るが、気にすることなく、日常生活が送れるということで、腰痛予防のエクササイズを指導し、施術を終了した。

現在は健康増進と腰痛膝痛予防のために、1ヶ月に一度通院中である。

使用したツボ

まとめ

施術開始前半は、患者の訴える、膝の痛みに注力して、施術を行っていたが、痛みは軽減するものの、数日後に痛みが戻ってしまうことから、原因は左膝以外にあると考えた。

4診目以降、左膝の痛みは、右腰の痛みを庇うために、左に過度の体重をかけた結果発生したと考え、腰痛の施術を中心に行っていったところ、膝の痛みはぶり返すことなく、改善した。

担当スタッフ

  • 04-7100-0039
  • ブログカレンダー
    2020年1月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • ブログカテゴリー
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り