我孫子のはりきゅう専門院

バネ指・腱鞘炎

※各症例の解説では分かりやすくするために、裸のイラストを使用していますが、実際の施術では施術着か衣服を着用しています。

また同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。

症状

【症状】右母指の腱鞘炎 

三年前に発症し、ステロイド注射を受ける。

その後二年間症状は落ち着いていたが昨年7月に再発。
医師に「ステロイドの注射は繰り返し打つと、腱をもろくしてしまうのでお勧めできない」といわれ、その後は電気治療と抗炎症剤、湿布などで改善を試みたが、一向に痛みと腫れが退かない。

文字を書く動作やPC作業が特に辛い。

来院者

50代女性

通院期間

2018年5月〜6月

頻度

週2回

通院回数

10回

来院者

初診~3診】
母指と手首の動きを細かく観察したところ、頸椎と胸椎の動きに問題があると予測し、鍼治療を行う。治療直後、母指の動きが僅かに改善していることから、その後3診まで同じ処置をおこなう。

【4診~10診】
4診が終えるころから、母指の動きの改善に合わせ、痛みと腫れが徐々に軽減。

10診目。痛みが8割方消失し、PC作業もストレスなく行えるということ。その後はセルフケアとして自宅でお灸をするよう指導し現在は、月1回、体調

管理、健康増進を目的として治療を継続中。

使用したツボの一例

T1(1)R C7(1)R 

まとめ

本症例のように、ステロイド治療を繰り返し受けた後、鍼灸治療を希望し来院される方は意外に多い。

腱鞘炎に対する症例は鍼治療が奏功し、数回の施術で回復するケースや、少しずつ中長期にわたり、段階的に改善するケースと様々だが、副作用のない鍼灸は安心して必要なだけ治療をおこなうことができる。

本症例は、手の腱鞘炎の原因を手指単独の原因と考えず、関連性の高い脊柱を注意深く観察することで、良好な治療経過を辿ることができた。

症状

 

【症状】母指から前腕にかけての痛みと腫れ

【病歴】1週間前より、肘先から手首にかけて痛み、腫れを伴う。

整形外科でレントゲンで調べたところ、骨に異常はないとの事だった。親指の曲げ伸ばしで、母指だけではなく、手首~前腕が痛む。

 

左腕と比較しても、全体的に熱を持ち、腫れているのがわかる。

指先にしびれはない。手首を動かすと痛みが再現、増悪。首、肩や肘の運動に伴う痛みの増悪がなし。

来院者

50代女性

来院者

2017年3月〜

頻度

週2〜3回

来院者

4回

施術と経過

初回~2回目

痛みを最も感じる、右前腕の中指のラインと関わりの深い、肩甲骨周辺、及び母指と関わりの強い胸椎にある硬結を確認し、それぞれの場所に刺鍼。

痛みの場所が、中指のラインから、母指のライン(親指側)に移動したので、同じく肩甲骨外側にある硬結に刺針。治療の翌日、動きによる痛みが半減。帰宅後から翌々日にかけて腫れも徐々に引く。

3回目

痛みの場所が、中指のラインから、母指のライン(親指側)に移動したので、同じく肩甲骨外側にある硬結に刺針。治療の翌日、動きによる痛みが半減。帰宅後から翌々日にかけて腫れも徐々に引く。

4回目

腫れも引き、痛みを感じないということなので、3診と同じ治療を行い、一度治療を終了する。

その後は、健康増進と再発予防の目的で3週間に1度通院中。

使用したツボの一例

府蔵3R 府蔵1R T1(1)R 

まとめ

本症例は、指の腱鞘炎の症状だけではなく、前腕の痛みと腫れを伴っていた。

指先や手首付近におこる腱鞘炎と違い、患部は広範囲であったが、

痛みを誘発する動作がはっきりしていたため、治療ポイントを正確に鑑別することができ、治療を行うごとに症状の変化を観察することができた。

発症1週間と比較的新しい症状であったことも短期回復の大きな要因である。

同じような症状で悩んでいる方は是非、鍼灸治療を選択しの一つとして考えてみてほしい。

来院者

60代 男性

通院期間

2018年2月〜2018年3月

頻度

週2〜3回

通院回数

3回

来院者

【症状】 右手母指の痛み

【病歴】 

1月末より、思い当たる原因なく、親指に痛みを自覚。
親指の対立運動(親指とその他の指の腹どうしを接触させる動作)が困難になる。

その他、瓶の蓋を開け閉めする動作ができない。

※補足:この来院者さんは、2015年2月に腰痛の施術を希望し、通院していました。回復後は再発予防のため、月に1回の割合でメンテナンスのため来院していましたが、今回の症状は、その時相談を受けたものです。

来院者

初回

ヒアリングをしたところ、症状が現れる前後で思いあたるような出来事はない。ただ、症状がでる少し前から、肩こりをひどい。

首回り、肩周りを確認したところ肩甲骨周辺と上部の胸椎と右首筋が異様に固くなっていた。

親指の対立運動と親指の曲げのばしに関連する背中の箇所を押しながら、痛みが出る動きを再現してもらったところ、幾分動きがスムーズになるのを確認。

これらのヒアリング情報と検査結果から、親指の対立運動と腕の回転に関わる背中と首にあるツボに鍼をした。

治療直後、親指の曲げ伸ばしと対立運動をしてもらい。痛みが軽減していることを確認し、この日は治療を終了する。

症状が現れてから日が浅いので、集中して治療した方が、改善度も予後も良いことを説明し、3日おきにの治療を勧める。

 

2回目

母指の痛み軽減。対立運動ができるようになった。
しかし、瓶のふたを開ける動作がまだ、やりにくい。

この日は右を振り向くと右の首筋が痛いことを訴えたので、親指の症状との関連も考慮しながら、腕のツボに処置を加える。

 

 

親指の痛みが9割方改善し、ビンのふたも開け閉めできる様になった。

右首筋の痛みもほとんど、気にならなくなった。

3回目

第2回と同じ治療を行う。

指と首の可動域を計測し、健側(症状のない左の同じ場所)とほぼ同じ事を確認。

一端治療を終了する。

1ヶ月後の定期通院の日まで経過観察を行い、気になるようであれば、すぐ連絡するように伝える。

その後、従来どおり月1回の腰のメンテナンスのため来院しているが、指の症状は再発していない。

使用したツボの一例

T1(1)R C7(1)R 後谿R

まとめ

親指の動きは、その他の指と比べて,構造が複雑なため回復に時間がかかることがおおい。

しかし今回のケースは、発症から日が浅く、症状を再現する動作が明確だったため、治療するポイントも特定しやすかった。

これらの好条件が重なり、早期に良い結果に繋げることができた。

来院者

70代男性

通院期間

2017年〜

頻度

週2〜3回

通院回数

11回

症状

2年前より、両手の指全体に突っ張ったような、違和感があり、起床時や握る動作でより、強く感じる。

 

特に、小指は「ピリッ」とした痛みが走る。

病院でリウマチ検査を受けたところ、陰性。頸椎のレントゲンでは、骨には異常なしと言われた。

ゴルフ仲間に相談したところ当院を紹介され来院。

施術と経過

姿勢を観察したところ、胸椎(胸の高さの背骨)が後方に歪み、頭が前につきでている、いわゆるストレートネックの状態であった。

 

ストレートネックにより頭の重さがうまく支えられず、首~背中に過度の負荷をかけていることが症状の原因と考えた。

 

首から肩を緩める目的で鍼灸を開始。また、正しい姿勢を心がけるよう指導したところ、第5回目あたりから、手の痺れを感じる時間が大幅に減少した。

 

8回目あたりから右手の違和感は半減し、左手に関しては、7割がた消失。

 

また、両手の小指に走る「ピリッ」とした痛みはすっかりなくなっていた。

 

 

11回目の施術後、症状が消失していることを確認し、それ以後は再発防止と健康管理目的で月に1回の施術を継続。

 

2018年8月現在。症状は再発することはなく、趣味のゴルフを存分に楽しんでいる。

来院者

六谷  C6(1) 後渓 T5(1)

まとめ

病院の検査で骨などに異常がないと告げられていても、首肩の慢性的なコリがあれば、そのコリは手に繋がる神経を圧迫する一つの要因となりうる。

 

今回は姿勢不良によるストレートネックが慢性的なコリを生み出す原因と考え施術をおこなったところ、徐々に症状が消失した。

 

また、姿勢に関する正しい知識を患者に伝え、よい姿勢を定着させることで、1年以上経過した、現在も再発することなく過ごせている。

来院者

60代 女性 

来院

2017年3月

頻度

週2〜3回

通院回数

5回

症状

 

受診3週間前に転倒時に左手を地面につき、それから、母指の付け根が痛む。また可動域制限のため、床に手をついたり、財布を開く動作などで不自由を感じる。

 

整形外科でレントゲンを撮ったが、骨などに異常はないとのこと。

施術と経過

単純に指が痛みや腫れで曲げられないという自動運動制限だけではなく、他動でも可動域に制限がみられた。

 

腱鞘炎と同じく、母指に対応した、背中のツボの状態を確認したところ、反応が認められたので、鍼をしたところ、その場で可動域が大きく変化した。

 

5診目が終えたところ、右手の可動域とほぼ同じになり、痛みの消失したのでここで治療を終了とした。

使用したツボ

T7(1)L T8(1)L C7(1.5)L T1(1.5)L

まとめ

腱鞘炎は使いすぎにより、発症するが、本症例のように、外傷などを切っ掛けとして、腱鞘炎様の症状が現れることがある。

 

手足の動きは背骨と連動しており、手指の腱鞘炎は背骨周囲のコリなどによりの背骨の柔軟性が低下した時に関連した指に症状が出現しやすくなる。

本症例は、手指の腱鞘炎と同じく、背骨の対応部位に鍼をすることによって改善することができた。

 

明らかな外傷による指の疾患は、まず、骨折や靱帯の損傷を確認するために、整形外科にかかることが求められる。

 

しかし骨や靱帯の構造上の破壊がなければ、鍼灸は本症例のような症状に対して大きな可能性を秘めている。

来院者

男性 30代 理容師

来院

2019年12月 ~ 2019年12月

頻度

週2~3回

通院回数

7回

症状

仕事で1日中腕を使うせいか、半年前から、指を動かす度に、前腕に痛みが走る。

 

腕の痛みが酷くなると、握力がなくなり、注意していないと物を落としてしまう。指もこわばり、紙をつまむ動作もどこかぎこちなくなる。

 

脳神経外科でMRI検査を受けたところ、「異常なし。気のせいでは?」と担当医から言われ、しばらく様子をみていた。

 

しかし、ハサミを握れないなど、仕事にも支障をきたすため、真剣に解決策をさがしていたところ、友人の紹介を経て当院に来院。

施術と経過

初回)腕の動きと脊椎の硬さを調べたところ、上部胸椎(肩甲骨の高さに位置する背骨)と肩甲骨の外側に異常なコリを発見。

 

コリが最も強いと感じた3点に鍼を行いこの日は施術を終了とした。

 

初回後の経過:初回施術後。痛みが僅かに軽減。

 

2回目)初回施術後、2日ほどは前腕の痛みも少なく、仕事も集中できたが3日後から、痛みが少しずつ再燃。

 

初回で確認した、肩甲骨外側と、上部胸椎周辺への処置に加え、手指の間のツボに針をする。

2回後の経過:LINEで腕の痛みがすっかりとれたと連絡を受ける

 

3回目)腕の痛みはほとんど気にならなくなったが、指のこわばりや、手洗い後、指の雫を振り払う動作で手首より先に痛みを感じる。

 

施術のポイントは同じと考え、上部胸椎、肩甲骨周辺のコリに鍼を以後、7診まで、行う。

 

コリが小さく柔らかくなるにつれて、症状も軽減し、仕事も苦痛なるできるようになった。

 

以後再発防止のため、一ヶ月に一度、施術を継続。

 

バネ指・腱鞘炎でお困りのあなたへ

 

バネ指・腱鞘炎が改善したら、何がしたいですか?

 

・趣味やスポーツをもっと楽しみたい。
・孫と楽しくあそびたい。
・仕事をバリバリこなしたい。
・家族や友人と旅行を楽しみたい

 

当院では、ご縁のある方のそんな想いに応えるべく、2009年の開院以来、バネ指で悩む多くの方と向き合ってきました。

 

病院や整体で改善しなかった場合でも、一度ご相談ください。

 

このページをお読み頂いている、あなたが、バネ指に悩むことなく、日々を生き生きと過ごせるよう全力でサポートします。

 

         ゐろは鍼漢院 院長  池内 毘観

院長プロフィール

池内毘観 1980年生まれ。

2003年 鍼灸師国家資格を取得。

 

整形外科、内科、婦人科、耳鼻科など多くの科を有する、長野県水嶋クリニックの勤務を経て、2009年に独立。16年間でのべ、5万人以上の施術経験を積む。

現在、『一本の鍼には、一人の可能性を広げる力がある」を信条に日々奮闘中。