我孫子のはりきゅう専門院

顎関節症

来院者

40代女性 販売員

 

通院期間

2020年7月~2020年7月

頻度

週2回

通院回数

4回

症状

1週間前から、左顎が口を開けた時に痛む。食事・会話が辛い。

1週間様子をみていたが、日に日に痛みが、強くなっていくので心配になり、来院。

 

仕事では、手や目を使う作業が多く、普段より、手首、手指、首肩のコリを自覚。

天気の変わり目には、頭痛が起きやすい。

 

施術と経過

初回

顎と首筋~肩を調べると、左側が右に比べ極度に緊張していていた。これらの筋肉の緊張が顎関節に影響していると考え、手と背中のツボに鍼を行った。

 

すると、頚と顎の周辺の張りが柔らかくなったのを確認。口を開けた時の痛みが軽減していため、初回の施術を終了とした。

経過:施術翌日、翌々日にかけて、痛みは軽減。食事の際、痛みを感じることがなくなった。

2回目

初回までに感じていた、顎の痛みは消失したが、耳たぶの裏周辺に痛みを感じるようになった。

 

耳周辺のコリや緊張も背部と関連が大きいため、胸椎際の最も硬い点を見つけ刺鍼。

後に手のツボの一箇所に鍼を行った。

 

経過:朝起床時と、夕方体に疲れがたまってくると顎の動きも悪くなり、なんとなく、違和感を覚えるが、日中は全く気にならない。

3・4回目

3回目4回目では、2回目と同様の方針で施術を続けた。

 

朝晩の顎の違和感も消失し、2週間の経過観察中も症状の再燃が見られなかったため、施術を終了とした。

使用したツボの一例

T3(0.5)R T3(1)L T4(1)L 養老L 外谷L

まとめ

顎の痛みの根本には、背中のコリや疲労が大いに関わる。

また、手首や手指の疲労は胸椎の可動域に影響を与え肩背部のコリを引き起こすため、腕や手の状態を伺うことも重要。

症状の原因を、生活習慣や仕事の内容から、考え施術部位を厳選した結果、速やかな改善がみられた。

来院者

40代女性

通院期間

2020年5月~2020年6月

頻度

週2回

通院回数

8回

症状

20年前に、車の玉突き事故に会ってから、両顎がだるい。食いしばる動作と口を開ける動作で痛みが両顎に走り、最近は何もしていなくても、時々痛むことがある。

口を開けた時に、「キシキシ」と音が鳴る。

施術と経過

1回目

胸椎と耳のうしをみたところ、顎関節と関係する部位に強い緊張があったため、鍼をして緩めた。

施術後、口の開口動作をしてもらったところ、痛みは残っているが「口が開けやすい。」とのこと。

2回目

初回の4日後来院。口を開けた時に、キシキシ音が鳴るが、口を開けた時の痛みは少なくなり、何もしていない時に痛むことはなくなった。

 

状態をさらに改善し安定させるために、初回のツボに加え、手のツボを使った。

3~5回目

3回目〜8回目では、2回目と同様の方針で施術を続けた。

 

動作時、顎が「キシキシ」と鳴る音は段階的に軽減し、6回目の時点では、1日の終わりに時々鳴る程度まで改善。

 

8回目では噛みしめる動作でも痛みを感じることがなくなった。

使用したツボの一例

T3(1)L T4(1)L 養老L 外谷L

まとめ

顎の痛みの根本には、胸椎3番と4番が関係している。

身体の構造から施術部位を厳選し、施術を行うことで段階的な改善がみられた。

来院者

82歳女性

通院期間

2020年6月から約1ヶ月

頻度

週2回

通院回数

5回

症状

10日前より、首の両側面に激しい痛みが起きる。

痛みのため、寝床でから起き上がるなどの日常生活の他、首を動かす、すべての動作で激痛を伴う。特に下を向く動作が辛く、そのため、靴を履くことも介助が必要。

 

また、同時期より、口を大きく開けようとすると、顎の付け根に痛みを感じる。

 

その後、来院3日前より、左腕(肘~指先まで)がパンパン腫れ上がり、指先に力が入らない。物を持つこと、服のボタンをとめるのも困難。

 

整形外科で首のレントゲン検査を行ったところ、首の骨の隙間が狭くなっているといわれ、ロキソニンを処方されたが、全く症状が改善しない。

 

 

施術と経過

初回

首から肩周辺を丁寧に観察したところ、肩甲骨周辺と同じ高さに位置する、胸椎(せぼね)の動きが硬かった。

関節の柔軟性を取り戻す目的で、胸椎の際の一点と、手のツボに鍼をうつ。

鍼灸が初めてこのこともあり、刺激過多に留意して、その日は、そこで施術を終了とした。

 

帰り際、来院者が「あらっ」と不思議そうに声を出したので、どうしたのか尋ねると、「口を大きく開けられる。開けても顎が痛くない」という。

2~5回目

初回施術、3日後に来院。

下を向く動作ができるようになり、そのため、靴を介助なしで履くことができるようになった。

右首筋の痛みは8割がた、消失。左首筋の痛みも軽減したが、耳の後ろから、鎖骨辺りまで、「じわーん」とした、波寄せるような違和感がある。

 

左腕の腫れは初回より、だいぶ引いているがまだ、腕に力が入らない。

 

その後も同じ施術を繰り返し、5回目施術終了時点で、首の可動域が正常にもどり、右首筋の痛みや違和感も9割がた消失。

 

まだボタンをとめる動作は、ゆっくりだが、手すりやお皿などは持てるようになる。

 

来院までにバスを乗り継ぎ40分かかり、これ以上定期的な通院が困難ということで、来院者の年齢も考慮し、週2回行ってきた施術を終了とした。

 

その後は、再発予防のため、月に一度施術を継続している。

使用したツボの一例

合谷 六谷 養老 T3(1) T4(1)

 

まとめ

主な訴えである首・顎・腕の症状の原因を胸椎周辺の柔軟性の低下とシンプルに捉え施術を行うことで、改善がみられた。

 

症状の原因が首肩周辺のコリと関係が深いため、再発予防のためには、普段から、これらの症状に配慮する必要があると考えられる。

来院者

50代女性

通院期間

2020年5月〜

頻度

週2回

通院回数

5回

症状

来院前日。首のストレッチを行っている最中に顎に「ガクッ」という音が走り、それから、食事と会話が困難なほど、顎が痛くなった。

 

口を開ける時だけではなく、歯を噛みしめる時にも顎が痛み、唇に歯ブラシがあたるだけでも辛い。

 

※顔の表情を正面から確認すると、下顎が右側にスライドしているように歪んでいる。

また、顎関節に指をあてた状態で開口してもらうと、途中で「ゴリゴリ」と骨がこすれるような音が確認できた。

 

元々、10年前より、顎関節症で悩んではいるが、痛みが我慢できないほどではなかったので、今回ストレッチでさらに痛めるまでは、気にしないよう、ごまかしごまかし過ごしてきた。

 

施術と経過

初回)顎関節周辺の筋肉の硬さ手で触り確認すると左側が硬かった。また、頭から首、肩にかけて丁寧に調べると、左側頭部・首筋・耳周辺に緊張が認められた。

 

これらの部位を緩める目的で、関連する手と背中のツボに鍼をしたところ、直後より顎の痛みが軽減し、施術前よりも口が開くようになるのを確認して初回の施術を終了した。

 

経過:初回施術後の夜、食事の際に顎の痛みが気になったが、翌日~3日後にかけて、徐々に痛みが軽減。会話も、噛みしめる動作も楽に行えるようになっていった。

 

2~3回目)

2回目来院時、初回指一本半分程しか開かなかった口が、指3本分あけれるようになる。

左側頭部・首筋・耳周辺に緊張も軽減。

初回と同じ施術を継続する。

 

経過:

2回目施術後、食事や会話の時も痛みを忘れていることが多くなる。しかし油断して口を大きくあけると、痛みが走る。

 

4回目)食事、会話が全くストレスなく、行えるようになる。アクビをしたときだけ、左顎に痛みが起きる。

※しかし、その症状は元々、10年前から抱えていた症状であり、其の頃の痛みと比較しても、半分以下になっていることを確認。

顎の動きを更に、スムーズに行えるようにする目的で、肩甲骨上角にあるツボに鍼をおこなう。

 

経過:アクビも痛みなく行えるよになり、開口時のゴリゴリした音消失

 

5回目)

正面から顔の表情を確認すると、初回に確認できた下顎がスライドしているような歪みも整っていたため、再発予防の体操を指導して施術を終了した。

使用したツボの一例

外谷L 養老L T3(1)L T4(1)L 肩参L

まとめ

顎関節の本来の動きを妨げている要因が左側頭部・首筋・耳周辺の筋緊張にあると考え施術を行ったところ、速やかな改善が見られた症例。

来院者

40代男性会社員

通院期間

2020年3月〜4月

頻度

週2回

通院回数

7回

症状

約半年前から、口を開けると左顎の奥にカクカクと引っかるような違和感がある。

はじめは、時々、気になる程度であったが、2週間程前より、口が開けづらく、痛みを伴うようになったため、施術を希望し来院。

 

会話時は口を大きく開けることがないため、問題なく行えるが、食事時、口を開ける動作が困難。

 

その他、奥歯を噛みしめるとで同部位に痛みを感じる。

施術と経過

初回

顎関節の状態が反映されやすい、手と背中のツボを調べたところ、左母指と胸椎(胸の高さに位置する背骨)の傍らに顕著なコリを発見。

 

同部位に鍼を行い、口を開ける動作を行ってもらったところ、口の引っかかりがやや軽減していることを確認。

 

経過:初回の施術後、口を開けた時の引っかかるような違和感と痛みが軽減し、食事も少し楽に取れるようになった。

2〜5回目

初回後、経過が良好であったため、2〜5回目まで初回の施術内容を繰り返す。

口を開けた時の顎の痛みは施術ごとに徐々に軽減。引っかかるような違和感も5回目の施術開始時点でほとんど気にならない。

6回目〜7回目

会話や食事時など、顎の症状は殆ど気にすることなく行うことがでる一方、意識的に左奥歯を噛みしめると、わずかに顎に痛みが走る。

 

顎周辺の緊張を更に緩める目的で肩甲骨の内側に発見した、コリに施術を行ったところ翌日以降、噛みしめる動作による、痛みが大きく軽減。

7回目の施術終了後、各動作が問題なく行えることを確認して施術を終了とした。

 

使用したツボの一例

外谷L T3(1)L 肩参L

まとめ

肩甲骨や胸椎周辺の不自然な動きが、顎周辺の筋肉に負担をかけ、顎の症状を引き起こしたと考え、施術を継続したところ、速やかな改善が観察された。

 

来院者

6歳女性

通院期間

2018年2月~

頻度

週2~3回

来院者

3回

症状

【症状】右首筋の痛み

【病歴】親御さんと遊んでいて、だっこした状態で首を前後に揺さぶられたたその日の夜から、右の首筋に痛みを感じ始めた。
 更に翌日に、口を開けると、右の下顎に痛みを感じると訴えるようになった。

症状

第1診 

痛めた状況から、首の急な上下運動により、むち打様の症状がでていると予測した。右頬も赤く腫れ、熱をもっている。

 

背骨の柔軟性と顎関節の動きを確認し、そのなかで、症状と関係が深いツボに処置を行った。

 

治療後同じ動作を確認したところ、「まだ痛い」と訴える。

鍼が初めてなことと、年少者であることを考慮し、刺激過多にならないよう、初回はここで治療を終える。

第2診

第1診目翌日、上を見る動作時の痛みはなくなったが、喉仏の横あたりに痛みを自覚するようになる。

 

また、初診時と同様、口を開けると、右顎の関節が痛い。

初診の治療に加え、喉仏の症状を緩和する目的で右足に一本、鍼を加える。

第3診

2診後、右頬の赤みと熱感はとれ、首についても気にならない。

顎の開け閉め、首の動きを確認し、運動時の痛みの有無、可動域を調べ、治療を終了とする。

使用したツボの一例

外谷R 養老R T4(1)R 列欠R 太衝R

まとめ

ぎっくり腰をはじめ、急性症状で患部に熱を持っている場合は、炎症が起きている一つのサインである。この場合、患部への処置は時として、症状を増幅させることがある。

この症例では、患部の動き(この場合は、首や顎)と関係する手足のツボを上手に使う事により、症状を改善することができた。

このように鍼灸には、患部と離れた場所に処置を行う事で、炎症を鎮静させるテクニックが存在する。

※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

顎関節症でお困りのあなたへ

 

 顎関節症が改善したら、何がしたいですか?

 

  • 友人との会食を楽しみたい
  • 顎の症状を気にする事無く会話を楽しみたい
  • カラオケに行きたい
  • 大好きだったあれを食べたい。

     

当院では、ご縁のある方のそんな想いに応えるべく、2009年の開院以来、顎の症状で悩む多くの方と向き合ってきました。

 

病院や整体で改善しなかった場合でも、一度ご相談ください。

 

このページをお読み頂いている、あなたが、顎の症状に悩むことなく、日々を生き生きと過ごせるよう全力でサポートします。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

ゐろは鍼漢院 院長  池内 毘観

院長プロフィール

池内毘観 1980年生まれ。

2003年 鍼灸師国家資格を取得。

 

整形外科、内科、婦人科、耳鼻科など多くの科を有する、長野県水嶋クリニックの勤務を経て、2009年に独立。16年間でのべ、5万人以上の施術経験を積む。

 

現在、『一本の鍼には、一人の可能性を広げる力がある」を信条に日々奮闘中。