我孫子のはりきゅう専門院

膝痛

※各症例の解説では分かりやすくするために、裸のイラストを使用していますが、実際の施術では患者着か衣服を着用しています。

また同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。

来院者

50代男性

通院期間

2020年5月~

頻度

週2回

通院回数

10回

10回以降メンテナンス目的で月1回通院継続

症状

3週間前に、腰の痛みが出現。腰の痛みは1週間で治まったが、腰痛が治まると同時に、右膝が痛みだした。

 

しばらく、じっとしている状態から、動き始める時。階段を降りる時に、特に痛む。

 

整形外科で湿布(モーラステープ)を出されたが、症状に変化なく、

来院前日に痛みが更に増したため、家族のすすめで来院。

施術と経過

初回

膝の痛みが出現する前に、腰に痛みがあったことから、腰と膝、双方の動きと関連の強い臀部のツボを調べたところ、右側が左に比べ顕著に硬かった。

 

確認した臀部のツボに鍼を行い、歩行動作と階段の昇降を行ってもらったところ、痛みが寛解したため、この日はここで施術を終了とした。

2~4回目

初回施術後より、膝全体に覆うように感じていた痛みが、膝の内側に限局しはっきりと感じるようになった。

初回で行った、臀部のツボに加え、膝内側と動きと関連の深い胸椎際にある、ツボに鍼を行う。

経過:階段を楽に降りることができるようになる。4回目施術後より、痛みは8割方減。

5〜10回目

症状が軽くなったため、嬉しくなり、20km歩いた。途中、進行方向を急変えた際にグキッと音がなり、翌日から、症状が再燃。痛みは初回来院時より強く、杖をつきながら、来院。

 

痛みや、腫れがあるものの、原因は今までと同じと考え、4回目までと同じ施術を行い、さらに、施術効果を高めるために、仙腸関節を緩める目的で手のツボに鍼を行った。

 

7回目の施術を終える頃には、杖なしで来院し、10回目の来院時には、階段も問題なく昇降できるまで回復したため、再発予防のエクササイズを指導して施術を終了とした。

 

その後は、再発予防と健康増進のため1ヶ月に一度通院を継続している。

使用したツボの一例

膝根R T9(1)R T11(1)R 曲池R

まとめ

4回目の施術後、ウォーキング途中の無理なターンにより、症状の再燃がみられたが、

膝痛の根本的な原因を臀部と背部、仙腸関節と捉え、施術を繰り返すことで段階的な回復がみられた、症例。

 

来院者

70代男性

通院期間

2019年11月~2019年12月

頻度

2回目 初回翌日

3~5回目 週2回

6回目 5回目施術の1週間後

通院回数

6回

症状

来院2週間前に、右鼠径部あたりに、痛みに近い違和感を覚える。

 

その時は、歩行すると其の違和感が薄らいでいたので、意識的に毎日歩くように努めていた。

 

来院1週間前の朝、いつもなら、ウォーキングをすると薄らいでいた股関節の違和感が4000歩いたあたりから、強くなり、昼頃より、歩けないほどの痛みが右股関節から右膝にかけて感じるようになった。

それから、来院当日まで眠れないほど痛みが酷く、歩行も困難。来院2日前より、左の足裏に痺れを感じるようになる。

 

近所の整形外科でレントゲン検査の結果、腰の骨には異常なし、原因不明と告げられる。

 

50年前腰椎ヘルニアの既往あり

施術と経過

股関節の前(鼠径部)と膝をそれぞれ個別に動かしてもらうと、いずれも単独の動き(股関節を曲げる動作・膝を曲げ伸ばしする動作)で痛みが誘発されことを確認した。

 

そのことから、股関節・膝関節の2つの関節に問題があると考え、過去に患った、腰椎ヘルニアの関与の可能性は除外し施術方針を考えた。

初回

股関節前面の緊張を緩める目的で拇指横にあるツボに鍼を行いこの日は施術を終了とした。

経過:股関節を曲げる際の鼠径部の痛みは軽減。夜眠れるようになった。

膝の痛みには変化なし。(膝の曲げ伸ばし、また、階段を降りる時に膝に痛みを感る。)

2~5回目

初診の施術に加え、膝の症状を改善する目的で膝の動きと関連の強い、臀部と脊柱際のツボの反応を確かめ鍼を行う。

施術を受けるごとに、股関節、膝の痛みは軽減し、5回目施術時には、日常生活が痛みのストレスを感じることなく送れるようになる。

1週間様子経過観察。

 

6回目

ウォーキングを毎日5000歩いているが、症状の再燃なし。

セルフケアの体操を指導し、その後は、再発予防と健康増進のため、3週間に1度通院中。

使用したツボの一例

中腰R T9(1)R T11(1.5) R   

まとめ

腰痛の所見がなくても、下肢の症状は腰が原因でおきることが多い。

しかし、本症例は、歩行時にかかる負荷が股関節、膝関節の両関節にかかり生じていると考え、施術を繰り返したところ、症状に改善がみられた。

来院者

来院者

40代男性

通院期間

2020年3月〜4月

頻度

週2回

通院回数

5回

症状

一週間前から、椅子から立ち上がる時に、右膝が痛む。

膝の内側と外側から、縄で締められるような痛みが起きる。

 

歩き始めてしばらく立つと痛みは次第に緩和していくが、日に日に、痛みが増しているで心配になり、来院。

施術と経過

初回

膝の痛む部位と動作から、膝の動きと関連の強い背中周辺を丁寧に調べたところ、右背部の一点に顕著なコリを確認。

 

同部位に鍼を行い、椅子からの立ち上がりと歩行動作を行ってもらったところ、痛みが寛解したため、この日はここで施術を終了とした。

 

経過:初回後、椅子からの立ち上がり時に数回、膝に痛みを覚えたが、一日の中で膝の痛みを気にすることなく、立ち上がれることが多くなった。

2回目

デスクワークの時間がながく、普段から、腰臀部が痛むことも多いというヒアリング情報から、臀部にも問題があると考え鍼を行った。

3〜5回目

2回目の施術後翌日より、膝の痛みは7割方消失。その後、膝頭の内側の一点に違和感が残るため、同部位の症状を緩和する目的で膝裏のツボに鍼を3回目から5回目までの施術で継続したところ、症状が徐々にやわらぎ、5回目には、消失。

再発予防のエクササイズを指導して施術を終了とした。

使用したツボの一例

T9(1)T10(1) 内眼裏R 膝根R 

まとめ

膝は体重の負荷がかかりやすい部位ではあるため、膝痛は高齢者や肉体労働の方、スポーツ選手に現れる頻度が比較的高い。

 

しかし、最近では、デスクワーク中心の若い方も膝痛を抱えている方が増えているように感じる。

 

本症例は、長時間のデスクワークによる背部や臀部への負荷が症状の原因と考え施術をおこなったところ、速やかな改善がみられた。

来院者

60代女性

通院期間

2018年5月~

頻度

週2~3回

通院回数

4回

症状

2週間前から、右膝の内側が痛む。
椅子から立ち上がる時に特に痛みを特に感じる。また、右足首の内側にも重いような痛みがある。
かつて当院にて首と肩の痛みを治療していたことを思いだし、再び来院。

 

膝関節の大きな変形は観察できないが、右膝の内側に熱を感じる。

左右の膝関節、足首の動きを触診にて調べたところ、左足首が最も硬く、右足首に比べて動きに大きな制限があり動かすとカクカク音が鳴る。

施術と経過

左足首がかたく、上手く体重をのせることができたいため、右足にかける体重の比率が大きくなり、その結果、右足首、右膝に故障が生じたものと推測した。

両足に均等に体重を乗せれるよう、左足首の関節を柔らかくする目的で膝外側にある穴に、そして右膝の炎症を抑える目的で、臀部にある穴にそれぞれ鍼治療を施した。

同じ治療を第3診までつづけたところ、左足首がガクガク音が鳴ることは無くなり、動きもスムーズになっていることを確認。

また、今まで広範囲にボヤッとしていた、膝の内側の痛みを狭い範囲でハッキリと感じるようにたった。

右足首の痛みに関しては、この時点で消失している。

4診目。右膝の痛みと熱感が消失していたたため、炎症が治ったと判断し、3診までと同じ治療を施し、終了とする。

使用したツボの一例

玉陽L 膝三点R 膝根R 

来院者

痛みの原因は、来院者が訴える右足ではなく、反対の左足首の柔軟性の低下にあると推測し、施術をおこなったところ、徐々に症状を改善することができた。