我孫子のはりきゅう専門院

モ-トン病・足底筋膜炎

※各症例の解説では分かりやすくするために、裸のイラストを使用していますが、実際の施術では患者着か衣服を着用しています。

また同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。

来院者

70代女性・主婦

通院期間

2020年6月~(3週間)

頻度

週2回

来院者

6回

症状

1ヶ月前より、両足裏の第三・四趾の所が痛む。特に左足が痛い。

スニーカーなど、靴底が柔らかい履物を履いている時は気にならないが、裸足でフローリングを歩くとき(特に朝起床して歩きはじめ)、サンダルなど、靴底が薄く硬い履物で歩行するときに痛みを感じる。

 

近くの整形外科で調べたところ、「モートン病」と告げられ、湿布や温熱療法を1ヶ月間受けたが、変化なし。

 

友人に相談したところ「鍼灸がいいよ」とすすめられ、当院に来院。

 

施術と経過

初回

左右の足裏を観察したところ、痛みを感じる部位に、腫れや、熱感などは見当たらなかった。

続いて臀部から、踵までの筋肉の緊張を調べたところ、ふくらはぎに特徴的な硬結が発見された。

この緊張が、自然な歩行を妨げ、足裏に余計な負荷をかけた結果、症状が発症したと考え、確認したふくらはぎのコリに鍼施術を行った。

 

経過:初回施術後。翌日から翌々日にかけて、起床時の足を床についた際の痛みは少なく、ほとんど気にならない程であった。

 

2~3回目

初回と同じ施術を行う。

2回目施術翌日。朝、足を着地した際の痛みは消失。

3回目施術後から7日間 全く足裏に痛みを感じなく過ごすことができる。

 

4~6回目

4回目来院時。来院者は痛みなく過ごせて快適との知らせ受けるが、原因となる、ふくらはぎの緊張が僅かに残っているため、再発しないよう、以後6回目までふくらはぎの緊張を取り除くよう鍼を行い、施術を終了とした。

 

使用したツボの一例

下承山

まとめ

モートン病をはじめ、足裏の症状は、骨盤周辺やふくらはぎの緊張が原因で起きることが多い。

この症例は、ふくらはぎの緊張が原因と考え、施術を行うことで速やかな改善が観察された。

来院者

50代女性

通院期間

2018年12月〜2019年1月

頻度

週2〜3回

通院回数

5回

症状

仕事柄、ハイヒールで歩きまわる事が多く、以前から、疲れると、右母趾の裏から足底の内側(土踏まずのあたり)、踵付近にかけて違和感を感じることがあった。

12月に入り、年末の激務により、毎日、夕方ころから、同部位に痛みを顕著に感じるようになった。

施術と経過

右足を丁寧調べたところ、右母趾から、足底の内側(ふくらはぎ)踵の内側にかけて圧痛を確認。

 

初回)母趾の痛みを緩和する目的で、ふくらはぎの内側と脛の内側に鍼を行う。母趾の圧痛が軽減したことを確認しこの日は施術を終える。

 

2回目)初回翌日。仕事で、1日中歩いた後に起きる母趾と土踏まずの痛みは5割程度に軽減していた。

 

初回と同じ施術を2回、3回目と行ったところ、母趾、土踏まずの痛みは消失。

4回目)3回目の施術以降、母趾と土踏まずの痛みは再燃せず、踵付近の痛みだけが残る。
    
体幹の左右のバランスを整え、右の踵への加重を減らす目的で、肩甲骨内縁にあるツボに鍼を行う。

 

5回目)4回目施術以降、踵周辺の痛みも気にならない。母趾、土踏まず、踵の圧痛も消失していたため、4回目と同じ施術を行い。再発予防のエクササイズを指導し、施術を終える。

使用したツボの一例

三陰交R 築賓R 四枢R

まとめ

足裏の症状は下肢疲労や体幹のバランス状態が反映されていることが多い。
本症例では、痛みの場所から、下肢の施術するべきポイントを特定し、肩甲骨の動きから体幹のバランスを整える事により、速やかな改善が見られた。

来院者

40代女性

通院期間

2018年9月〜11月

頻度

週1回程度

通院回数

7回

症状

3ヶ月前から、起床時、ベッドから足をおろし床に付ける瞬間に痛みを感じる。

その後、動いているといつの間にか足裏の痛みは軽減していくが翌朝の起床時には、決まって同じ場所に痛みが生じる。

入浴時に、自分で足裏をマッサージをしたり、湿布を貼るなど、試みたが改善しなかったため、鍼灸治療を希望し来院

施術と経過

痛みは、第2趾と3趾の間におこる。
触診をすると、足の裏以外に左ふくらはぎ、左骨盤が右に比べて硬いことを確認した。

初診)足裏の症状は下腿の状態が反映されることが多いため、反応のあった、ふくらはぎのツボに鍼を行ったところ、足底の緊張が緩んだため、この日は施術を終了した。

2診)初診翌日の起床時。
「いつもより痛みは軽減していたが、初診2日後には、以前と同じように痛む」との報告を受ける。

そこで、ふくらはぎには直接、鍼を行わず、ふくらはぎと関連性の高い、骨盤のツボに施術を試みたところ、足底がしっかり緩むことが確認できた。

3診)2診目の翌日から1週間。週の前半にあたる3日間はほとんど、足底に痛みを感じることはなかった。
4日目以降、徐々に症状は再燃するものの、痛みの程度は、初診施術開始前の5割程度であった。

4~6診目)施術の間隔を1週間から4日おきに変更し、同じ施術を繰り返す。

施術開始前、足底の緊張をその都度確認していったところ、徐々に緊張度合いが安定していく様子が窺えたため、施術間隔を4日後から、10日後に変更する。

7診目)7診目来院時、10日間、症状は再燃することなく過ごせたという報告を受け、足底の硬さも緩んだ状態が維持できていたため、再発予防のエクササイズを指導し施術を終了した。

使用したツボの一例

合陽L 承山L 空髎L

まとめ

足底の症状は、下肢の筋肉の柔軟性が低下することにより起るケースが多い。

本症例では、このことに着目し、始めは下肢の緊張を解放する目的でふくらはぎにあるツボに鍼をおこなっていたが、1回の効果が安定しないため、下肢を緊張させる原因が他にあると考え、ふくらはぎと関連性の高い骨盤に対する施術を加えることで、施術毎に安定した効果を得ることができた。

4診目から6診目まで、施術間隔を短くし、1回の施術効果が消失するまえに次の施術を行ったことも回復の大きな要因と考えられる。