我孫子のはりきゅう専門院

長期間におよぶ顎の違和感

症状

高校生の頃、右あごに「ガクン」という音がして以来、顎周辺に違和感がある。特に肩こりがひどくなった時には、違和感をより、強く感じる。
口の開閉時のクリック音なし

その他の症状:頭痛・目の疲れ・歯ぎしり

  • 来院者

    女性

    50 代

  • 期間

    2021年9月 ~ 2021年9月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    3回

施術と経過

初回)首周辺から、肩、耳の周辺を調べたところ、顎の関節と耳の後ろが硬かった。
また、連日パソコン作業や、スマホの操作で指の間(特に右母指と示指の間)が疲れる。
母指周辺と動きと、背中、顎は動きに関わりが大きいため、指の疲れが、顎関節の動きを妨げていると考え、右手のツボに鍼を行った。

経過:施術した翌日から、顎の動きが滑らかになっていることに気がつく。肩こりもグッと楽になった。

2~3回目)初回の手のツボに加えて、顎の負担を軽減する目的で肩甲骨の内側に鍼を行う。
3回の施術後、顎の違和感消失。
その後、10日間様子を見てもらったところ、デスクワークを長時間行った日の夕方は、違和感が再燃するが、一晩よく休めば違和感は、消失するとのこと。
その後は3週に1度再発予防の目的で通院中。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

顎関節症を始めとした、顎の症状は、難しい症例が多い。特に症状が古いければ古いほど、施術期間と回数を要する。
本症例は、指の動きや肩周辺のこりが顎の動きを妨げていたことが原因で、おそらく、顎関節自体に変形など器質的な問題がなかったことから、数回の施術で改善が見られたことが予想される。

担当スタッフ

  • ブログカレンダー
    2022年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • ブログカテゴリー
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り