我孫子のはりきゅう専門院

喉のつまり。胸焼け、咳・吐き気を伴う

症状

3~4年前より、逆流性食道炎。 胃酸が逆流するせいか、咳が喉が焼ける感じがし、咳がでる。 毎年、春から、夏にかけて症状がひどくなる。いつも、薬を飲むと咳は治まっていたが、今年は、春先に風邪をひいいてから、その後、症状が酷くなり、咳と痰、吐き気に悩まされている。 来院した9月時点でも症状に変化なし。 1日の中でも、朝方と夜就寝前が辛い。

  • 来院者

    女性

    50 代

  • 期間

    2021年9月 ~ 2021年10月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    8回

施術と経過

初回。呼吸器と胃腸を整える目的で手足に鍼を行う。 その翌日から、4日間咳が治まる。5日目から、咳と痰が再燃。 同じ施術を週1回継続したところ、徐々に症状が寛解。1週間を通じて症状がほとんど出なくなったため、8回の施術をもって、定期的な施術を終了とした。 現在は、再発予防・メンテナスの目的で月に1回通院中。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

逆流性食道炎による、咳の回復は多くの場合、時間もかかり、消して簡単なものでは、ありませんが、2ヶ月という短期間で症状の寛解がはっきりと観察できた症例です。 呼吸器と消化器の2つの機能を同時に整えたことが、症状寛解の決めてとなりました。

担当スタッフ

  • ブログカレンダー
    2022年8月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • ブログカテゴリー
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り