我孫子のはりきゅう専門院

椅子から立ち上がる時に鼠径部が痛む

症状

3年前より、右鼠径部に痛みがあり、椅子から立ち上がる動作が辛い。

整形外科でレントゲン検査を受け、「異常なし」と言われたが、

最近では、鼠径部だけではなく、股関節の横や、大腿部の付け根まで痛むようになった為、鍼灸を希望し来院。

  • 来院者

    女性

    40 代

  • 期間

    2020年6月 ~ 2020年6月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    4回

施術と経過

初回
足を胸にひきつける動作を行ってもらうと、左足に比べ、右足の動きに制限があり、鼠径部に詰まるような違和感を自覚した。
股関節を調節するため、右足の甲に鍼をしたところ、動きがスムーズになり左右差がなくなった。
状態をさらに改善し安定させるために、腰のツボに処置を加える。

経過:施術直後、施術ベッドから、痛みなく立ち上がることができたので驚く。

2回目
鼠径部の痛みは軽減したが、太ももの内側が新たに気になるようになる。
手にある大腿部と関係の深いツボを確認したところ、強い緊張が確認できたため、そこに鍼をした。

経過:翌日、大腿部内側の痛みが消失。

3回目。
大分調子が良くなり、椅子から立ち上がる時の怖さがなくなる。

4回目 
鼠径部の痛みの他、股関節横、大腿部後ろの症状も改善したため、施術を終了とした。

※3回目・四回目は初回と施術内容同じ。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

慢性的な股関節痛であったが、症状を誘発する動作と体の構造から、必要な施術ポイントを厳選することで、短期間で改善が見られた症例。

担当スタッフ

  • ブログカレンダー
    2021年6月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • ブログカテゴリー
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り