我孫子のはりきゅう専門院

臀部~太もも、踵の痛みで5分も立っていられない。

症状

2019年11月にぎっくり腰になり、その後、腰痛はなくなったが、左足全体の痛み※(お尻から足先まで)が残り、歩行が困難。
椅子に腰かけた状態で20分、立った状態で5分もすると臀部から足にかけての痛みが強くなり、足裏がしびれる。

※「ジーン」とした正座をした後に感じる、痺れ感に痛みを伴う。

  • 来院者

    女性

    40 代

  • 期間

    2020年2月 ~ 2020年3月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    16回~20回

施術と経過

初回
臀部から、下肢の血流を促す目的で、左臀部から、下肢のツボを丁寧に観察したところ、右とは明らかに硬さが異なるツボをふくらはぎに確認。
確認したツボに鍼を行い、初回の施術を終える。

経過:初回後当日の夕方。臀部から下肢にかけて、芯の痛みは残るが、体表面のボワッとした痛みは軽減。
その後、3回目の施術まで同じ内容の処置を行う。3回目来院時には、全体の痛みが5割ほど軽減していた。

4~7回目
太もも裏の痛みが太もも側面に移動。腰骨の際に2本鍼を打つ。

7回目来院時。初回時は20分と座っていられなかったが、2時間程、デスクワークがこなせるようになる。

8回目~14回
踵の痛みを改善する目的で、踵の症状と関連の深い首周辺と骨盤周辺の中から、最も緊張の強い一点を確認し鍼を行う。

経過:10回目の施術まで、臀部~太もも、ふくらはぎの痛みは徐々に減少し、踵の痛みだけが残る。その後、踵の痛みも次第に薄れ、14回目の時点では、痛みはなく、紙一枚かぶさっているような違和感だけが残る。

15回目~20回
踵の紙一枚はったような違和感を取り去るため、毎回首周辺と骨盤周辺の踵に関わるツボの中から、最も反応の強いところに鍼を繰り返し行い続けたが、20回目まで、大きな変化がなし。

日常生活は、問題なく行えるということで、来院者の希望もあり、施術を終了とした。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

週2~3回の施術を集中して行うことで、臀部から下肢の痛みは初期の段階で改善が顕著にみられた。その後、残る踵の違和感に焦点を絞り、施術を行ったが、これに関しては、取りきることができなかった。

担当スタッフ

  • ブログカレンダー
    2021年6月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • ブログカテゴリー
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り