我孫子のはりきゅう専門治療院

顎の痛み(顎関節症)

顎の痛み(顎関節症)

2009年の開院より、多くの顎関節症で悩む方をみてきました。

もし、あなたも顎の症状でお悩みでしたら、顎関節症についてまとめましたので、是非参考にしてください。

次のようなことでお悩みではないですか?

  • 十分に口を開けることができないので、食事が憂鬱
  • あごがガクガクするので、会話もままならない
  • あごをかばうので、寝る姿勢にも気をつかう
  • 気付けば、いつもあごにてを当てている

 

あなたもこのような症状でお悩みでしょうか?
痛みのために、本来楽しいはずの、食事や会話を楽しめないのは本当に辛いですよね。

なぜ、顎関節症になるのでしょう?

 

顎関節症になると

 

  • 顎を動かすと周囲の筋肉が痛くなる
  • 顎の関節に痛みを感じる
  • 関節運動時に雑音がする

などの症状を自覚します

 

顎関節症の原因はかみ合わせの異常や精神的ストレスによる歯ぎしりによる顎関節周囲の筋肉の過緊張と言われていますが、不明とされる点も少なくありません。

では、鍼灸でどうやって治療するの?

膝痛や、腰痛など「関節」の問題に対して鍼灸治療が選ばれるのはなぜでしょうか?

それは、関節周りの筋肉や靱帯の過度な緊張を緩める作用が、鍼灸にはあるからです。

関節は、関節を取り巻く、筋肉や靱帯が適度な張力を保つことで自由な動くことができます。

顎関節も同じく「関節」の問題であるため、鍼灸の効果を期待することができます。

 

臨床的経験から、顎の関節を形成している、下顎骨(下あごの骨)や頬骨(頬の骨)・耳周辺の側頭骨の緊張を緩和すると症状が快方へ向かうことが多く観察されます。

当院では、顎の緊張を緩めるために、関連した手や肩のツボに鍼をおこない、顔に直接鍼を打つことはありませんので、ご安心ください。

患者さまの声

A・K
30代 女性
柏市

こちらには、顎の痛みでお世話になりました。

 

初診当初、指一本半分くらいしか口が開かず、特に右側が痛むため、食事や会話だけではなく、寝る時も右側を下にして眠れない状態でした。

 

こちらで、鍼灸を受けると「じわっ」と右顎に不思議な感覚が広がり、その直後から、顎の動きがスムーズになるのがうれしくて、週に二回がんばって通いました。

 

治療を開始して2ヶ月経つころには、痛みも動きも問題なくなり、現在は肩こりや疲労回復の目的で1ヶ月に一度お世話になっています。

 

 

ゐろは鍼漢院のご案内  お気軽にご相談ください。

ゐろは鍼漢院は完全予約制、新規の方は1日2名限定の鍼灸院です。

待ち時間無く対応させていただくために、完全予約制となっております。

 

初めての方は初回の検査、問診のお時間を取らせていただくため1日2名限定となります。

 

そのため初回ご予約の場合当日ご連絡ですと予約をお入れできない場合があります。

 

来院前にお電話、メールでまずはご連絡ください。

受付時間 

9:00~19:00(休診日:日・木・祭日)

料金   

初診

8640円 (時間の目安:60~75分) 

2診目以降

5400円 (時間の目安:20~30分)

 

ゐろは鍼漢院では、一時的な症状の緩和ではなく、根本的な改善を目指しているため、初診は問診と検査を中心に行います。

※保険はご利用になれません。あらかじめご了承下さい。

予約について

ステップ1:04-7100-0039にお電話ください。
ステップ2:「ホームページを見て…。」とお伝えください。
ステップ3:①お名前 

      ②お困りの症状 

      ③ご希望の日時などをお伺いいたします。

ご紹介者がいらっしゃる場合は、お伝えください。 約2~3分で予約完了です。

  • 04-7100-0039
  • 診療案内
    診療案内
  • LINEで簡単予約
  • 問診票
    問診票
  • 医師からの推薦状
    医師からの推薦状
  • 営業日カレンダー
    « 2019年5月»
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    • 休診日
    • 午前のみ
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域

    【千葉県】我孫子市 柏市 印西市 松戸市

    【茨城県】取手市 守谷市

    【埼玉県】三郷市

  • ブログ
    スタッフのブログ
Twitter