眼精疲労(VDT症候群)

近年、パソコンに加えスマートフォンの普及に伴い、目の疲れを訴える人が増えています。

誰でも、長時間、労働すると、体の疲れを感じるものです。眼も例外ではなく、長時間、本を読んだりパソコンの画面を見続けると疲れを感じます。

これら疲労によるものは、通常、休息をとれば回復するもので、病気ではありません。

しかし、健康体であれば、感じるはずのない僅かな「見る」という作業で疲れを感じたり、十分に休息をとっても回復しないものが眼精疲労です。

  • すぐ眼が疲れるて、仕事に集中できない。
  • 眼がつかれると頭痛や肩こりも感じる
  • 最近眼が疲れやすく、文字が見にくい
  • 睡眠をしっかりとっても翌日の朝から、眼がつかれる

もしこのように、あなたも眼の疲れでお悩みでしたら、当院の眼精疲労の治療についてまとめたので、是非参考にしてください。

眼精疲労の症状

眼精疲労の症状の訴えは様々で、

  • 疲労感(眼が疲れる)
  • 不快感(ものを見続けるのが辛い)
  • 圧迫感(鼻の付け根、額、眼球、目頭が押しつけられる様な違和感)
  • 眼の奥の痛み
  • 上記に伴う、肩こりや頭痛

など、訴えはさまざまです。

眼精疲労の原因

現代社会では、パソコンをはじめとした、電子機器の急速な普及により、眼を酷使する機会は、一昔まえより、飛躍的に多くなっていると言えます。

また、目まぐるしく、変化する世の中の仕組みや人間関係に対し、心理的なストレスや葛藤ふえ、眼精疲労は益々、増加して行く傾向にあります。

眼精疲労の主な原因の分類

①眼の機能(はたらき)によるもの

遠視・乱視・斜視などの調節異常や結膜炎・角膜炎・緑内障など、眼の病気があることより起る眼精疲労。

②環境に起因するもの

照明の影響、メガネの不具合など環境の影響による眼精疲労。

③全身的な病気があるもの

栄養不良、内分泌異常、高血圧症、心臓病、糖尿病、貧血など、全身的な病気が背景としてあるもの。

④心因性・精神的要因に起因するもの

心身症・不安、ノイローゼ、ヒステリーなど

⑤目の酷使

細かいものの見過ぎ・長時間モニターを見続ける・コントラストの強いものを見続ける など

当院の眼精疲労の治療

当院の眼精疲労の治療では、まずはじめに問診・触診などの検査を丁寧に行い、お身体全体の状態を観察していきます。

そして、あなたの眼の疲れの原因を問診と検査で得られた情報をもとに治療方法をオーダーメイドで組み立てていきます。

治療は「はり」を用い、自律神経の調節を含め、あなたの自然治癒力を呼び起こすよう全身調節をしていきます。

はりやお灸の刺激は体をリラックスさせ、余分なストレスを取り除くことを目的としているので、ほとんど痛みや熱さは感じず、むしろ心地よい刺激です。

治療を3回行い、あなたの体質や姿勢を十分把握した上で、自宅でできる体操やストレッチ、養生法などをお伝えしていきます。

 

 

眼精疲労(VDT症候群)でお悩みの患者さまからのご感想

症状: 眼精疲労, 肩こり, 腰痛

特に、目に関しては治療後でもすぐ楽になり、肩も一緒に楽になった。

目・腰の痛みが長い間、気になっていても痛みが残っていた。初めてやってみたのですが、腰の重さも少なくなった。特に、目に関しては治療後でもすぐ楽になり、肩も一緒に楽になった。

特に、目に関しては治療後でもすぐ楽になり、肩も一緒に楽になった。

30代男性 , 会社員

勢司 大輔 様