我孫子のはりきゅう専門治療院

手のしびれ・こわばりの症例

手のしびれ・こわばりの症例

※解説は分かりやすくするために、裸のイラストを使用していますが、実際の治療では患者着か衣服を着用しています。
同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。また、このページの症例は当院の経験であり、鍼灸の一般的な効果を意味するものではありません。

症例1 指全体につっぱったような違和感

患者 70代 男性 初診2017年 

【症状】2年前より、両手の指全体に突っ張ったような、違和感があり、起床時や握る動作でより、強く感じる。

特に、小指は「ピリッ」とした痛みが走る。

病院でリウマチ検査を受けたところ、陰性。頸椎のレントゲンでは、骨には異常なしと言われた。

ゴルフ仲間に相談したところ当院を紹介され来院。

治療内容と経過

患者の姿勢を観察したところ、胸椎(胸の高さの背骨)が後方に歪み、頭が前につきでている、いわゆるストレートネックの状態であった。

 

ストレートネックにより頭の重さがうまく支えられず、首~背中に過度の負荷をかけていることが症状の原因と考えた。

 

首から肩を緩める目的で鍼治療を開始。また、正しい姿勢を心がけるよう指導したところ、第5診目あたりから、手の痺れを感じる時間が大幅に減少した。

 

第8診。右手の違和感は半減し、左手に関しては、7割がた消失。

 

また、両手の小指に走る「ピリッ」とした痛みはすっかりなくなっていた。

 

 

第11診後、症状が消失していることを確認し、それ以後は再発防止と健康管理目的で月に1回治療を継続。

 

2018年8月現在。症状は再発することはなく、趣味のゴルフを存分に楽しんでいる。

主な治療穴

六谷  C6(1) 後渓 T5(1)

考察

病院の検査で骨などに異常がないと診断されていても、首肩の慢性的なコリがあれば、そのコリは手に繋がる神経を圧迫する一つの要因となりうる。

 

今回は姿勢不良によるストレートネックが慢性的なコリを生み出す原因と考え治療をおこなったところ、徐々に症状が消失した。

 

また、姿勢に関する正しい知識を患者に伝え、よい姿勢を定着させることで、一年以上経過した、現在も再発することなく過ごせている。

 

  • 04-7100-0039
  • 診療案内
    診療案内
  • LINEで簡単予約
  • 問診票
    問診票
  • 医師からの推薦状
    医師からの推薦状
  • 営業日カレンダー
    « 2019年3月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    • 休診日
    • 午前のみ
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域

    【千葉県】我孫子市 柏市 印西市 松戸市

    【茨城県】取手市 守谷市

    【埼玉県】三郷市

  • ブログ
    スタッフのブログ
Twitter