柏市からもアクセス便利。我孫子市手賀沼公園となりの鍼灸院

腰痛の症例

※解説は分かりやすくするために、裸のイラストを使用していますが、実際の治療では患者着か衣服を着用しています。
同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。また、このページの症例は当院の経験であり、鍼灸の一般的な効果を意味するものではありません。

症例6 痛みで背筋を伸ばせない腰痛

 

患者 60代 女性 来院日 H30 11月

症状と来院理由

二日前、起床時に、腰が重いことに気がつきその後、徐々に痛みを感じるようになった。

腰の痛みのため、背筋を伸ばすことができない。前にかがむ姿勢が比較的楽。

その他、お腹を前につき出す動作や歩行時、地面に着地した足を前に蹴り出す動作で腰から鼠径部に痛みを感じる。

 

以前当院に踵の痛みを受け良くなったことを思い出し来院。

治療内容と経過

初診

背筋を伸ばす動作やお臍を突き出す動作で最も痛みが増悪することから、背筋と脊椎の柔軟性に問題があると仮説を立て、関連性の高い手足のツボと胸椎付近に鍼を行う。

治療直後、背筋を伸ばす姿勢で誘発されていた痛みが軽減していることを確認し、その日は治療を終える。

第2診

腰部の痛みは僅かに残る。その他、鼠径部には痛みがのこると言うことで、腸腰筋の問題と考え関連のある、下肢のツボの反応を確認し、鍼を行ったところその場で痛みが軽減。

腰痛を誘発していた、動作が問題なくできることを確認し治療を終えた。

使用した主なツボ

豐隆 T5R 大腰 

症例5 頚に原因があると考えられた腰痛

患者 50代 女性  来院:H30 11月

【症状】 右腰の痛み

7年間、当院に健康維持、疲労回復の目的で月に1回、定期的に通院されている患者さん。
来院予定の二日前に美容院にいき、そこで洗髪を終えた直後から、腰に違和感を覚えはじめた。その後徐々に痛みを強く感じるようになった。

上を見上げる動作で腰痛がさらに増悪する。

治療内容と経過

頚の後屈(上を見上げる動作)を維持する姿勢が腰に負担かけ、症状を誘発したと考えた。

実際に頚周辺の筋肉を触ると右側が硬かく、最も硬いポイントを指で押しながら、上を向いてもらうと、腰の痛みが軽減していることを確認。

同じ部位を治療点として鍼治療を施したところ痛みが半減した。

 

翌日、来院時、腰におこる痛みは更に軽減していた。上を向く動作でも前日ほどの痛みは腰におこらない。

初診時と同じ治療を行い、痛みを確認したところ、痛みはほとんど起らないと言うことで、本症状に対しての治療を終える。

 

使用した主なツボ

上天柱

考察

ひと言に腰痛といっても、痛みを感じる場所と、痛みを誘発する動作やシチュエーションにより原因はすべて異なる。
本症例では、「美容室で上を向いた直後から…」と原因となる動作があきらかであったこと。また、発症二日後より治療を開始できたという好条件がかさなり、早期に良い結果に繋げることができた。

症例4 10年ほど前から続く右足の痛み

患者  50代 女性 サービス業 来院:H30 7月

【症状】 2018年6月より時々ではあるが、右足の付け根~太ももの前側に歩行が困難になるほどの激痛が走る。

同じ場所の痛みは10年前から自覚しているが、歩けなくなるほどの激痛は、今回が初めて。

また同時期(2018.6月)から、右臀部の痛みと右足の甲にしびれを感じるようになった。

治療内容と経過

問診にて6月から、料理の配膳の仕事を始めてから、今回の症状が出現したことを確認。

 

慣れない仕事により、右腰の周辺にストレスがかかったため、今回の症状が引き起こされたと推測した。

 

右足の付け根~太もも前側、臀部、足の甲に関するツボの反応を確認したところ、どれも右側が硬かった。

 

実際に鍼をし、ツボの緊張がとれた事を確認して、この日は治療を終了した。

翌日、右足の甲のしびれは変わらないものの、右足の付け根から太もも、臀部の痛みは半分以下になっていた。

5診目以降、右足の甲のしびれも消失したため、一度治療を終了する。

2週間後、症状が再び現れたため来院。

(※患者本人の話では、以前から、台風がくると右足の痛み強くでるという経験則から、3日まえに起きた台風の影響が症状再燃の原因ではないかという。)

症状が初診時と同じであることを確認し、以前と同じ治療を行う。

9診目のあと、当院の治療を開始してから、2度目の台風が接近したが、心配していたような、症状の再燃はおこらず、仕事も無理なくこなせるということを確認し、治療を終了した。

使用した主なツボ

腸鳴R L3(1)R 臨泣

同時に治療した症状

肩こり

コメント

患者の主な自覚症状は右足の痛みと痺れ。臀部の痛み。右足の甲の痺れであったが、これらの原因は、少しはなれた、腰部にあると推測しアプローチしたところ、速やかに症状が軽減した。

今回の症例のように、下肢や臀部の症状の原因が腰部にあることは多い。

症例3 仰向けでねると痛む腰痛

患者  60代 女性 琴演奏者   初診:H30 4月

【症状】庭の草むしりをした翌日から、立っている姿勢で左の腰に痛みをジワジワと感じるようになった。腰以外にも、おしりや左太ももまで痛みを感じる。

※草むしりをする以前から、毎日お琴の稽古をしており、左の腰に体重を預けるような姿勢を長時間とっていたことも要因ではないかと本人はいう。

検査

左おしりまわり、背中から、腰の筋肉に硬結(硬いコリ)がある。その他、大腰筋にも異常な緊張を確認。

 

仰向けで膝を伸ばしたり、たっている姿勢で症状が強くなる。

治療内容と経過

慣れない前屈みの作業を行うことで、腰に疲労がたまり、痛を引き起きたと推測した。

 

腰部や臀部、大腿の筋肉を緩める目的で、鍼を行った。

初回~3診目までの治療で腰の痛みはなくなり、その後、太ももから、膝下の症状について処置を行ったところ第6診で下肢の症状も消失。

その後は再発予防目的で隔週で治療をおこなっている。

使用した主なツボ

大腰L 中腰L L5(1.5) 腰海L 腸鳴L 豐隆L

コメント

腰と臀部の緊張は構造上、密接な関係があり、腰の症状は臀部。臀部の症状は腰部が治療点となることが多い。

今回は、これらの治療に加え、体の前側にある筋肉を整えることで良い結果につながった。

症例2 足のしびれを伴う腰痛

患者 

20代 男性

初診

H30 .1月

症状

3年前より、徐々に腰の痛みを自覚。

 

長時間の運転や、座っている姿勢で最も痛みを自覚するが。

寝転がっている時にも痛みを感じる。

 

ここ2ヶ月は、右太ももの裏に痺れと足首から下に冷えを自覚するようになった。

過去に何度か整形外科でレントゲンをとるも、骨には異常がないとのこと。

痛み止めを処方されるが、服用してもあまり変化がないため、

何か他に良い方法がないかと模索していたところ、当院を友人に紹介され来院。

鍼灸は初めて。

その他の症状

  1. 右肩甲骨の周辺が時々、引きつるように痛くなる。腰痛と同じく、3年前から徐々に痛みを自覚。
  2. 歩行時に股関節の付け根が痛むことあり
  3. 歯ぎしり
  4. 不眠

経過

第1診 1月23日

下肢の痺れるエリアから、、原因となる病巣は仙骨稜の硬結(腰部と臀部の境界)にあると考え、関連するツボに鍼を一本行った。

座り仕事の時間が長いため、正しい座り方を指導し、この日は終了する。

第2診~3診 1月26日・31日

第一診後、右足の痺れが、半減。腰の痛みはそれほど変わらない。
「痺れ」が気にならなくなった分、腰の「痛み」が前以上に気になるという。

引き続き、右足のしびれの治療を目的に第1診のツボに治療を行う。

第4診 2月6日

3診後、下肢のしびれはほぼ消失。右足先の冷えも感じなくなった。

 

歩行時の股関節の付け根の痛みも消失していることに気付く。

腰部~臀部に及ぶ痛みの領域は、狭まりピンポイントで痛みを感じるようになる。

腰を緩める目的で臀部にあるツボに鍼をおこなった。

 

第5~7診 2月9日・14日・16日

4診後、腰の痛みは忘れるくらい楽になる。治療後3日後、少しずつまた痛みが出現。

4診で行った治療を継続する。

第8診 2月20日

最後に治療をおこなってから、腰の痛みは消失。

 

3月1日現在肩の治療を目的として通院中。

使用した主なツボ

空膠(右) 承山 外秩辺(R)

コメント

神経痛は、通常その重症度にあわせて、

痛み→痺れ→麻痺

の順で進行し、治癒へ向かう場合はこの逆を辿るケースが一般的です。

 

本症例の患者は、3年間続く腰痛に加え、2ヶ月まえから、右足に痺れを自覚していました。

 

問診と検査から原因を特定し、治療目的をはっきりさせることで、 「痺れの緩解→消失→痛みの軽減・痛むエリアの減少→痛みの消失」と、段階的に回復がみられた症例です。

症例1 左足から、足首までの痛み。

患者 60代 男性 初診 20○×年 2月

【症状】左臀部から左足首までの痛み。

【病歴】来院1週間まえ。雪かきをおこなった後、少しずつ、左臀部から足首にかけて痛みを感じるようになった。

治療内容と経過

まっすぐ、立つことができない。腰をかがめ、左側に体幹が傾いている。

触診したところ、左の膝より下が右足に比べて異様に冷たい。

脈:緊 舌:淡 腹診:下腹部の冷え

元々、冷え症という体質が下地があるところ、雪かきという重労働、長時間の冷えと言う条件が重なり、神経痛をおこしたと判断。

 

第1診 

最も辛い「臀部から、足にかけての痛み」を取ることを最優先に、治療を開始する。臀部とふくらはぎにあるツボに鍼とお灸で温めるように処置を行う。

治療後、「やっぱり、1回じゃ治らないんだー」と悲しそうな表情を浮かべながら帰る。

第2診~3診 

2診目、初診翌日再診。痛みが10分の6に軽減する。3診目には何とかまっすぐ立って歩けるようになる。

第4診 

左膝下の冷えは大分、少なくなり、右足との温度差はさほど気にならなくなる。

第5~8診

6診目には痛みが初診当初の10分の3。

その後、

7診時、10分の1.5。

8診時、10分の0.5 と段階的に軽減。

ただし、臀部の重だるさは残る。

第9診 

9診目以降は、仕事の都合もあるとのことで、自宅でできるお灸と再発予防の体操を指導し、治療の間隔を少し空けることにした。

ときどき、患部の重だるさは出るものの、その後の良好な状態を保っている。

 

使用した主なツボ

環跳L 飛揚L 関元 

コメント

鍼灸は「寒(冷え)」と「熱(ねつ」という考え方があり、この寒熱の偏りが病を引き起こす原因の一つとして考えられています。

この症例は、問診情報とその他の診断方法から、寒熱の偏りを正しく判断し、「体を温める」という目的に徹したことが、段階的な改善要因となりました。

  • 04-7100-0039
  • 診療案内
    診療案内
  • LINEで簡単予約
  • ネット予約
  • 問診票
    問診票
  • 医師からの推薦状
    医師からの推薦状
  • 営業日カレンダー
    « 2018年12月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    • 休診日
    • 午前のみ
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【千葉県】
    我孫子市 柏市 印西市
    【茨城県】
    取手市 守谷市
    【埼玉県】
    三郷市
  • ブログ
    スタッフのブログ
Twitter