柏市からもアクセス便利。我孫子市手賀沼公園となりの鍼灸院

腱鞘炎の症例

腱鞘炎の症例

※解説は分かりやすくするために、裸のイラストを使用していますが、
実際は患者着か衣服を着用していま

症例3 突き指による腱鞘炎様の症状

患者 60代 女性 受診 2017年 3月

【症状】

受診3週間前に転倒時に左手を地面につき、それから、母指の付け根が痛む。また可動域制限のため、床に手をついたり、財布を開く動作などで不自由を感じる。

 

整形外科でレントゲンを撮ったが、骨などに異常はないとのこと。

治療内容と経過

単純に指が痛みや腫れで曲げられないという自動運動制限だけではなく、他動でも可動域に制限がみられた。

 

腱鞘炎と同じく、母指に対応した、背中のツボの状態を確認したところ、反応が認められたので、鍼をしたところ、その場で可動域が大きく変化した。

 

5診目が終えたところ、右手の可動域とほぼ同じになり、痛みの消失したのでここで治療を終了とした。

使用したツボ

T7(1)L T8(1)L C7(1.5)L T1(1.5)L

コメント

腱鞘炎は使いすぎにより、発症するが、本症例のように、外傷などを切っ掛けとして、腱鞘炎様の症状が現れることがある。

 

手足の動きは背骨と連動しており、手指の腱鞘炎は背骨周囲のコリなどによりの背骨の柔軟性が低下した時に関連した指に症状が出現しやすくなる。

本症例は、手指の腱鞘炎と同じく、背骨の対応部位に鍼をすることによって改善することができた。

 

明らかな外傷による指の疾患は、まず、骨折や靱帯の損傷を確認するために、整形外科にかかることが求められる。

 

しかし骨や靱帯の構造上の破壊がなければ、鍼灸は本症例のような症状に対して大きな可能性を秘めている。

症例2 親指の腱鞘炎

患者 40代 女性 受診 2017年 8月

【症状】

左手親指の痛み。同年6月から、痛みで曲げる事ができない。また、床に手をつくような動作でも痛みが走る。

その他の悩み

  • 寝付きが悪い
  • 夢を多く見る

治療内容と経過

問診と検査から、症状の原因は胸椎の関節の硬さにあると考え、関連するツボに鍼を行ったところ、第三診から、徐々に曲がる様になった。

第5診終了後には、床(ベッド)に手をつけるようになる。

経過が順調なため、同じ治療を継続する。

7診目終了時には、9割がた痛み消失。

関節の可動域を計測したところ、標準の90%は苦痛なくまげることができる。

仕事や日常生活に支障がないということで、自宅でできるお灸とストレッチの指導をし一端、治療を終了。

 

その後は、再発予防と健康増進のため、月に1度、通院している。

使用したツボ

T1(1)L T8(1)L T7(1)L

コメント

手の親指の動きや感覚は、解剖学上、首の骨から出ている神経の障害が疑われる。
しかし、多くの患者さんを観察していると、頸椎よりも胸椎の堅さに注目し治療点を捉えることで、良い結果に繋がることが多い。

症例1 腱鞘炎 瓶の蓋を開け閉めする動作でいたむ

患者 60代 男性 受診:2018年 2月10日

【症状】 右手母指の痛み

【病歴】 

1月末より、思い当たる原因なく、親指に痛みを自覚。
親指の対立運動(親指とその他の指の腹どうしを接触させる動作)が困難になる。

その他、瓶の蓋を開け閉めする動作ができない。

※補足:この患者さんは、2015年2月に腰痛で当院を受診されました。回復後は再発予防のため、月に1回の割合でメンテナンスのため来院していましたが、今回の症状は、その時相談を受けたものです。

治療内容と経過

初診

問診をしたところ、症状が現れる前後で思いあたるような出来事はない。ただ、症状がでる少し前から、肩こりをひどい。

首回り、肩周りを触診したところ肩甲骨周辺と上部の胸椎と右首筋が異様に固くなっていた。

親指の対立運動と親指の曲げのばしに関連する背中の箇所を押しながら、痛みが出る動きを再現してもらったところ、幾分動きがスムーズになるのを確認。

これらの問診と検査情報から、親指の対立運動と腕の回転に関わる背中と首にあるツボに鍼をした。

治療直後、親指の曲げ伸ばしと対立運動をしてもらい。痛みが軽減していることを確認し、この日は治療を終了する。

症状が現れてから日が浅いので、集中して治療した方が、改善度も予後も良いことを説明し、3日おきにの治療を勧める。

2診目

母指の痛み軽減。対立運動ができるようになった。
しかし、瓶のふたを開ける動作がまだ、やりにくい。

この日は右を振り向くと右の首筋が痛いことを訴えたので、親指の症状との関連も考慮しながら、腕のツボに処置を加える。

 3診

親指の痛みが9割方改善し、ビンのふたも開け閉めできる様になった。

右首筋の痛みもほとんど、気にならなくなった。

第2診と同じ治療を行う。

指と首の可動域を計測し、健側(症状のない左の同じ場所)とほぼ同じ事を確認。

一端治療を終了する。

1ヶ月後の定期通院の日まで経過観察を行い、気になるようであれば、すぐ連絡するように伝える。

その後、従来どおり月1回の腰のメンテナンスのため来院しているが、指の症状は再発していない。

同時に治療した症状の

首の痛み

使用した主なツボ

T(1)R C7(1)R 後渓R

コメント

親指の動きは、その他の指と比べて,構造が複雑なため回復に時間がかかることがおおい。

しかし今回のケースは、発症から日が浅く、症状を再現する動作が明確だったため、治療するポイントも特定しやすかった。

これらの好条件が重なり、早期に良い結果に繋げることができた。

  • 04-7100-0039
  • 診療案内
    診療案内
  • LINEで簡単予約
  • ネット予約
  • 問診票
    問診票
  • 医師からの推薦状
    医師からの推薦状
  • 営業日カレンダー
    « 2018年6月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 休診日
    • 午前のみ
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【千葉県】
    我孫子市 柏市 臼井市 印西市 松戸市 旧沼南町 船橋市 流山市 野田市【茨城県】
    取手市 守谷市 利根町 龍ケ崎市 牛久市

    【埼玉県】
    三郷市

    【東京都】
    葛飾区 文京区 足立区 荒川区

  • ブログ
    スタッフのブログ
Twitter