水嶋クリニック 水嶋丈雄先生のコメント

鍼灸治療がどこに効くの?とよく聞かれますが、鍼灸治療は体の自律神経に効く治療なのです。身体には交感神経と副交感神経という自律神経があります。交感神経は体が緊張したときの神経で副交感神経は体がリラックスしたときの神経です。面白いことに交感神経の方がよく痛みをとってくれるのです。スポーツの試合に熱中しているときには痛みを感じないのはこのためです、しかし交感神経だけの治療しますとそのときだけ痛みが取れてまたすぐに元に戻ってしまいます。これがリバウンドというものです。

副交感神経を先に刺激をしますとその後の交感刺激の鎮痛効果がリバウンドを起こさずに長く鎮痛効果がえられます。これが自律神経の働きなのです。このような鍼灸刺激の方法が昔から最も上手な鍼灸師と言われる人なのです。
また痛みには局所の痛みと脳の痛み脊髄の痛みがあります。よくヘルニアが出ているから痛いとかいいますが実はこれは嘘なのです。骨や軟骨には痛みの神経受容体はないのです。痛いのは周りの筋や粘膜・筋肉なのです。ですから筋肉に治療するだけでも鍼灸はきいてくるのです。

痛みが長くなった人には脳で痛みを感じることがあります。それには痛いところ反対の部位を取ると良いといわれます。これは京都の江部先生が確立されたベクトル理論という鍼灸方法です。また脊髄からの痛みには離れた部位に痛みの神経が集中しています。これがトリガーといわれる部位です。このように鍼灸にはいろんな痛みをとりまた長く効かせる方法があるのです。もちろん自律神経の関係する喘息や胃腸疾患などの内科疾患や自律神経そのもの病気も鍼灸の適応です。

 池内先生は種々の鍼灸理論に精通しており副交感神経を強くする鍼灸を得意とされています。特にパーキンソン病では副交感神経の治療が重要です。体のこと病気のこと、お困りのことがありましたら気軽に一度ご相談してみてください。

untitled.bmp

水嶋先生プロフィール


1955年
京都生まれ
1978年
この頃より西洋医学を学ぶかたわら、鍼灸治療の世界的権威である兵頭正義教授に師事し、東洋医学を学ぶ。
1981年
大阪医科大学卒業。
長野県厚生連佐久総合病院に勤務。外科、整形外科、内科などで診療にあたる
1988年
中国北京中医学院、中日友好病院に留学。
1989年
佐久東洋医学総合研究所医長として漢方薬、鍼灸治療に従事する。
現在
水嶋クリニック院長、西洋医学をベースに東洋医学を取り入れた治療を行なっている。日本東洋医学会漢方専門医。