» 2014 » 7月のブログ記事

夏の土用

| 日々のこと |

こんにちは。

ゐろは鍼漢院の池内です。

今日は「土用の丑の日」ということで、鰻を食べようと決めている人も多いのでははいでしょうか?

今は取れなくなりましたが、以前は手賀沼の鰻は味がいいと云うことで、江戸で高値で取引されたそうです。

さて、「土用の丑」の行事から、夏の土用が一番有名で、重要視されているようですが、実は、この「土用」は年に四回訪れます。

【18日続く土用】

土用は東洋思想の五行(木火土金水)に由来する雑節で、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間にあたります。季節の変わり目でもあり体調を崩しやすい時期でもあります。

「夏の土用」は立秋まえの18日間、今年で言えば7月20日から8月6日までが此の期間にあたります。

【土用の禁忌】

土用は土を動かすような作業は禁忌としています。また夏の土用は台風が接近する時期でもあり、海には土用波という大波が打ち寄せるので注意が必要と云われています。

【土用の習慣】

土用の季節は養生をして体を整え来たる季節に備えるための習慣がいくつかあります。

冒頭でふれた、「鰻を食べる習慣」もその一つで、他に衣類や梅を陰干しする、「土用干し」や、ショウブやヨモギの薬草風呂に入る、「丑湯」などがあります。

手賀沼周辺にも美味しいうなぎ屋さんが、何件かありますね。

店頭販売などしていると、ついつい匂いに誘われてしまいます。

最近では絶滅が危惧されている品種もあるので、感謝してを忘れずにいただきたいと思います。

 

20140729-103711-38231095.jpg

 



我孫子・柏の鍼灸院 ゐろは鍼漢院

当院は我孫子駅南口から徒歩8分、板東バス「手賀沼公園」から徒歩3分の所にある治療院です。

受付9:00~12:30 15:30~19:00  休診日 木・日・祭日

〒270-1155 千葉県我孫子市我孫子新田20-1秋元ビル1階  

ホームページ http://e-iroha.net

TEL04-7100-0039 「ブログをみて・・・」とお電話ください

 

こんにちは、ゐろは鍼漢院の池内です。

先日20年ぶりに、我孫子市の鳥の博物館にいってきました。

今年の八月には国際鳥類学会議が日本で開催されるというで、それに合わせ山科鳥類研究所の貴重な標本も公開するそうです。

期間限定(7月12日~8月31日)で絶滅鳥の「リョウバト」「カロライナインコ」や山科鳥類研究所西か存在しないいくつかの標本、「カンムリツクシガモ」の雄雌や、「ミヤコショウビン」なども展示するとのことです。

日本の鳥類学の礎を築いた、山階鳥類研究所の歴史や収蔵を見れると言うことで、野鳥ファンにとってはまたとないイベントになるのではないでしょうか

以下 開館情報です。

開館時間 9:30~16:30   休館日: 月曜日(月曜祭日の場合次の平日) 入館料 一般300円 高校生/大学生200円/中学生以下無料)         問い合わせ 鳥の博物館 TEL04-7185-2212

20140721-070610-25570745.jpg

こちらはの写真は「不思議の国のアリス」にもでてくる、絶滅鳥の「ドードー」です。


我孫子・柏の鍼灸院 ゐろは鍼漢院

当院は我孫子駅南口から徒歩8分、板東バス「手賀沼公園」から徒歩3分の所にある治療院です。

受付9:00~12:30 15:30~19:00  休診日 木・日・祭日

〒270-1155 千葉県我孫子市我孫子新田20-1秋元ビル1階  

ホームページ http://e-iroha.net

TEL04-7100-0039 「ブログをみて・・・」とお電話ください

 

 

 

蓮見船

| 我孫子 イベント, 未分類 |

本日7月12日は旧暦では6月16日。

七十二候では「蓮始華(はすはじめてはなさく)」

つまり蓮の花がさきはじめるころです。

早朝に泥の中から花茎を高く伸ばし、美しい花を咲かせる蓮は仏教や、ヒンドゥー教では清らかの象徴とされています。

、日本でも仏教のお寺では蓮の池がよくみられますね。

手賀沼の蓮の華もこれからを見頃を迎えることとおもいますが、

私が毎年楽しみにしているのが、手賀沼の「蓮見船」です。

船で蓮の群生地まで行き、間近で蓮を眺めるのは、陸から見るのとは又違った趣があります。

そして、いつか体験してみたいのが、蓮の葉でお酒を飲む象鼻杯。

中国発祥とも言われる、象鼻杯は、杯に見立てた蓮の葉にお酒を注ぎ、茎をストロー代わりにしてお酒を飲みます。

現在は、京都の三室戸や大阪の万博公園で体験できるそうです。

この夏、手賀沼の蓮見船を体験してみようという方は、こちらにといあわせてみてください。

【お問い合わせ】手賀沼の小池 TEL04-7182-1015

 

 

20140702-052058-19258390.jpg

の続きを読む »

七月に入り

| 未分類 |

本日、7月2日は旧暦では6月6日。

七二侯では「半夏生(はんげしょうず)といい、サトイモ科のカラスビシャクが生え始める頃です。

半夏は、去痰、鎮吐、鎮静作用があり、漢方薬として広く用いられますね。

又昨日は、富士山の山開きでしたね。

富士山はかつては旧暦の6月1日から20日までの間に白装束の修練のいでたちで富士にのぼり参詣しました。

江戸の庶民の人々は実際に富士に行くことが大変だったため、江戸の町に仮の富士塚をいくつか作りこちらで参拝することが多かったようです。

東京や関東近辺でも、「ふじ」のつく地名が多いことからも、人々の富士山に対するおもいが伺えますね。

かの正岡子規も

富士行者 白衣に雲の 匂いあり 

とうたっています。

私も中学生以来、富士山には登っていないので、来年あたり登山にチャレンジしてみたいです。

 

の続きを読む »

当院について

我孫子市・柏市の鍼灸院 ゐろは鍼漢院

〒270-1155
我孫子市我孫子新田20-1
秋元ビル1階

04-7100-0039

最近のコメント

2014年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031